« 下駄箱の上の絵を取り替える | トップページ | ねこごはん »

2011年6月24日 (金)

梅雨こそ我が日本らしい季節

梅雨どきはいちばん日本の気候が日本らしいときだと、秋草さんは思っています。
古いだれか・・金子光晴? の文章で外国へ行ったとき日本を恋しくおもい、思い浮かべたのが梅雨どきの座敷の様子だったとあったのを思い出します。
それをメモした紙が見つかりませんが、たしか、乱れ箱にはいった紐類や女の櫛や簪や蒔絵の箱が座敷に置かれてある光景が描かれていました。日本間のほの暗い明かりの中にあるそれらの品物が、外の雨で湿り気をおびた畳の上に繰り広げられている。

香の匂いも湿った空気のときは広がりやすく残りやすいように思われます。
乱れ箱の中の紐類とはちょっと違うけど、シラタマちゃんもひもにじゃれついて梅雨どきを楽しんでいます。パラリちゃんは隠れないで箱の外に出ているから上出来。110615_1743012

110616_114001_2
 

« 下駄箱の上の絵を取り替える | トップページ | ねこごはん »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52120390

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨こそ我が日本らしい季節:

« 下駄箱の上の絵を取り替える | トップページ | ねこごはん »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ