« NHK骨董番組を見ました | トップページ | ネコさんの保冷剤を横取り »

2011年8月10日 (水)

お茶の間とリビング

昨日書いたテレビ番組のタイトルは「温故希林」でした。
第二回で今度は佐渡へ行って船箪笥などを見て歩いていました。
私も以前、船箪笥を買ったことがあります。
・・と言っても、壊れた船箪笥ですけど
coldsweats01
鍵のかかる前面部分の扉がとれちゃってるので、ただの小抽斗です。
たしかに船箪笥だった形跡だけは認められる、という黒い無骨なもので、今も使っています。
どんな経歴を持つ物なのか。
古いことは古そうです。
上野不忍池の古道具市で10年以上前に買いました。


うちは家の中にそういう古い道具が多少ちりばめられています。
普段は見慣れているのでそれが自分にとって普通です。
ところが先日、学生時代の友人の家へ遊びに行きました。
すると、とっても瀟洒なヨーロッパ風なリビングで、ソファやピアノなどが美しく室内を彩っていました。
まるで別の世界です。
やっぱりああいうのもいいな〜〜heart04と、心がぐらぐらと揺らいでしまいますね。
今どきお茶の間って恥ずかしいよな〜
なんて今さらながら感じまして。
思わず帰宅して「うちもテーブルと椅子買おうか!!」と、本気で口走りました。
2日たったきょうも、その気持ちはまだ30パーセントぐらいは消えずに残っています。
だってやっぱり足も楽だし〜。
だれか来たときもおしゃべりしやすいし。
でも、そうすると、冷蔵庫の位置を変えないといけないかな〜などと、まあ、考えるのもまた楽しいことではあります。
昭和50年代築の家って、お茶の間にもできるしリビングにもできる・・というか、どっちつかずの間取りになっているような気もします。
前に住んでいた昭和20年代築のこの家は完全にお茶の間向きでしたが〜
P1000226 よろしければ昔のページもどうぞ見てくださいね〜 東京古い家ぐらし

« NHK骨董番組を見ました | トップページ | ネコさんの保冷剤を横取り »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52441243

この記事へのトラックバック一覧です: お茶の間とリビング:

« NHK骨董番組を見ました | トップページ | ネコさんの保冷剤を横取り »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ