« リブロ池袋 夏の古本まつりへ | トップページ | おじいさんに歴史あり »

2011年8月 5日 (金)

宮沢賢治の雨ニモマケズ

「音読の会」という集まりに参加しました。月に一度、誰でもデーを設けているという告知を見たので。近くの区民施設が会場でした。

その中で、岩手出身の方が宮沢賢治の「雨ニモマケズ」を音読されたのを聞いて、感動・・衝撃を受けました。
考えてみれば、この詩(かどうかは論議もあるそうですが)は、こういう訛りのある言葉から書かれたものだったのです。
宮沢賢治の頭の中には、こういうアクセントとか抑揚の言葉があったんだな、と改めて気づかされました。
そして、その訛りで「雨ニモマケズ・・・そういうものにわたしはなりたい」を聞くと、なんとまっすぐな叫びだろう、なんと静かでありながら強い願いだろう、と心にずっしり響いてきました。
訛りって、ほんとにいいもんですね。
この叫びはやっぱりこの訛りで再現されなければならない、と涙が出そうなほどに思いました。

« リブロ池袋 夏の古本まつりへ | トップページ | おじいさんに歴史あり »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52400567

この記事へのトラックバック一覧です: 宮沢賢治の雨ニモマケズ:

« リブロ池袋 夏の古本まつりへ | トップページ | おじいさんに歴史あり »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ