« 何に使うかわからない物と模様替え | トップページ | 保存容器は必需品ではない »

2011年9月26日 (月)

トースターの取っ手を修理

うちのトースターは古い。
(「うちはトースターも古い。」と言うべきか)

途中、引っ越したりして倉庫にはいっていた期間が2、3年・・
とはいえ、それでももう20年ぐらい使っている。
内部や天井に焦げ模様がついていたりするけど、
機能は問題ないので、
もはや古道具のようになりながらも頻繁に使用している。

5年くらい前か、前の取っ手がグラグラになり、
とうとう折れてしまった。
トースター自体を寿命として取り替えてしまうことも
考えないではなかったけれど、
焼く機能は壊れていないから、捨てることもない気がした。
ヒモなどで間に合わせの取っ手をつけて使いながら
しばらく考えていた。
そのとき思いついたのが、この取っ手でした。
P1020915
「越」の字が薄れちゃってるのがちょっと惜しいんですが・・

三越さんが、大きい荷物を持ち帰るお客に渡していたらしき、
木の持ち手。
骨董屋さんで買い物をしたときに
持ち帰り用にもらったのを、しまってありました。

いつごろまで使われていたんでしょうか?
昭和50年代くらいならありそう?
でも、字が右から左へ書かれているから
普通なら戦争前ですけど・・そんなに古くはなさそう・・

というわけで、
この持ち手を針金でとりつけまして、
トースターは、
もはや愛着さえ覚えて毎日のように登場する電気製品として
使い続けることになりました。

古い家電製品は危険だったり燃費が悪かったりするので、
どんな家電にもあてはまるわけではありませんが、
トースターに関しては燃費が悪いということもなさそうで、
危険にならない限り使っていこうかと思っている次第です・・
P1020921
P1020919

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

« 何に使うかわからない物と模様替え | トップページ | 保存容器は必需品ではない »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52835431

この記事へのトラックバック一覧です: トースターの取っ手を修理:

« 何に使うかわからない物と模様替え | トップページ | 保存容器は必需品ではない »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ