« 狭い台所 ビフォアの図 その2 | トップページ | ペンケースを持ってお勉強に »

2011年9月15日 (木)

麻100%のペンケース

小型のペンケースを買いました。

ボールペンと鉛筆を各1本、消しゴム、付箋ぐらいを入れて持ち歩きたい
という希望からです。
小さなものでよいけど、
ある程度形がしっかりついていてカバンの中で迷子にならないものがいい。
そのとき出会ったのが最近気に入っている
「遊 中川」さんのペンケースでした。

中川政七商店 子鹿ペンケース 柿兼房

表地の材質は麻です。
P1020698 質感がざっくりとして「実用品」感があります。
色柄はさまざまありますが、
いずれも丁寧に染めただけあって品の良い色あいだと思います。
毎日使う物は目に馴染んでくるので
それが粗悪な色だったりすると、
感性がすさんでくるんじゃないかと思います。
年をとるとそんな気持ちが強くなってくるものですね。P1020696
飾りが「牛革」とあるのは、この鹿の模様のことです。↓
奈良といえばかわいい鹿を思い出しますよね。
丁寧に織られた麻地に、
ちっちゃいのにこれまた丹念に施されたかわいい鹿の模様。
P1020693

内側は塩化ビニールでコーティングしてあるので
形がくずれませんし、汚れも防げます。
P1020697 今のところ、ボールペン、鉛筆、付箋、消しゴムを入れています。
P1020861
おとなになってからは、あまり筆箱を持ち歩く習慣がなくなっていて、
カバンのポケットにボールぺンを放り込んでいるだけだったりしました。
ペンケースを持ってみて、
そこから筆記用具を取り出すことで
「じっくり書く」
っていう心の持ち方にもつながるんだな〜・・と、
改めて感じています。
自分で自分を演出、って意外と大事で、
いろんな面で成果にもつながっていくんだと思います。
せっかちに、ないがしろな筆記具を出してなぐり書き、
っていうのとはだいぶ違うようです。
人が、物を使いこなすことによって、
物はただの道具というだけではない役割を果たしていくんだと思います。
だからこそ、いろいろな道具が考え出され、使い込まれて
美しい形に磨き上げられたりするんですね。

中川政七商店 子鹿ペンケース 柿兼房

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

« 狭い台所 ビフォアの図 その2 | トップページ | ペンケースを持ってお勉強に »

おすすめの道具」カテゴリの記事

コメント

私も「遊 中川」さんのファンです。メガネケース、手提げかばんを買いました。麻布は手触りも、見た目も、何か心を引きつけますね。
残念ながら、いまメガネケースは手元から消えてしまっています。古本市で…夢中になって本を探しまわっていて…。
細身で軽く、とても使いやすかったので、また買いに行きました。ところが、もう品切れでした。

綴莉さんもファンだったんですね〜しかも古本市で夢中で本を見ていてなくすなんて、そちらのほうも気が合いそうでうれしくなっちゃいます。実は調べたら私がかったこのペンケースも品切れでした・・coldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52736758

この記事へのトラックバック一覧です: 麻100%のペンケース:

« 狭い台所 ビフォアの図 その2 | トップページ | ペンケースを持ってお勉強に »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ