« 高峰秀子『人情話 松太郎』 | トップページ | 池上本門寺 松濤園 一般開放 »

2011年9月 5日 (月)

今秋初めてのホトトギスが

きょうが、今秋初めてホトトギスの花が咲いた日になりました。

P1020632

台風が過ぎて行って、

目にはさやかに見えねども、というふうに

うちのちっちゃ〜い玄関前の植物スペースにも

忘れられることなく、秋がやってきました。

数日前にかけた明珍火箸の風鈴の音が、

秋の到来を告げる音に聞こえてくるから不思議です。

あの焼かれるような猛暑がもう来ないことを願いたいものです。

ホトトギスほかには、

水引き、あかのまんま、なんかが赤い色を添えています。

P1020635引っ越し前、築60年の家に住んでいたころの秋の写真ではこんなのがあったのを思い出しました。フジバカマ。背景の障子と合うと思います。また、サッシでないガラス戸があって、これもまた秋の七草を引き立ててくれる道具立てでした。

P1000117_2

P1000114

この電気の笠は竹に雀の模様が透かしではいっているお気に入りで、今もいつもいる部屋に掛かっています。

秋といえば、

前に書いたことのあるおじいさんは、

ちんどん屋をやってたことがあるそうで。

ある秋、なんとはるばる鹿児島の地まで

ちんどん屋をやりに行ったことがあったなんて

話をしていました。

むこうの空港(!)に着くと

迎えの(外国)車が待っていて現地まで連れて行ってくれたんだって。

それってちょっと危険な空気の漂う商売のような気もするけど。

遠い昔の話だし、ま、いっか。

おじいさんは、

近くのアパートに住んでいた

ちんどん屋の親方に誘われてあちこちへ稼ぎに行ってたようです。

その親方も、おれと同じ歳ぐらいだったから、

もう生きちゃいまい・・なんて言ってた。

アパートが取り壊されることになって

親方はどっかへ行っちゃったんだって。

行き先は、

「さーね」

お互いその後、音信するような気もなく、

別れたきりだ。

「思い出すと・・楽しかったよー」

と言う顔が

何十年も昔を思い起こして和んでいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

« 高峰秀子『人情話 松太郎』 | トップページ | 池上本門寺 松濤園 一般開放 »

心にうつりゆくこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/52652976

この記事へのトラックバック一覧です: 今秋初めてのホトトギスが:

« 高峰秀子『人情話 松太郎』 | トップページ | 池上本門寺 松濤園 一般開放 »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ