« 秋の日に誘われて連想したこと購入したもの | トップページ | 寄席のお話 ラジオで寄席の出囃子の話を聞きました 矢野誠一さんでした »

2011年10月26日 (水)

鉄瓶のお湯でお茶を淹れましょう 鉄瓶のお手入れはかんたんです

わたしも鉄瓶を使っています。

「わたしも」というのは、ずいぶん使ってる人が多いと思うから・・

わたしの鉄瓶は古いものです。

詳しい時代はわかりませんが。

骨董屋さんが店で使っていたのを譲り受けました。

「いいですね、売りものですか?」

と尋ねたら、なんでも売りますよ!

と言われ、わたしのものになりました。

実際、アラレの、飽きのこなそうな、質実剛健な感じの鉄瓶で、

ひと目見て惹かれたんです。

細かいことはわかりませんが、

P1000091



アラレの突起がかなり深くついています。

そして、鉄瓶を買うときにおすすめな点が、

注ぐときにフタが落ちないところです。

これは直角まで傾けてもフタが落ちません。

フタの上部がへこんでしっかりと本体にはまりこんでいるからです。。

鉄瓶をすすめると

手入れがたいへん、とか、

錆びるのを心配したりする声が多いんですが、

それは取り越し苦労と言っていいと思います。

鉄瓶でお湯を沸かして、

沸いたら急須やポットに移して鉄瓶はカラになりますよね。

そして、そのまま鉄瓶を今わかしていた

ガスの五徳の上に放置しておけば、

中の水分は飛んで乾きますね。

そうしておけば錆びません。

濡れたままにしておかない、というだけです。

ガスでお湯を沸かす場合、

わたしは弱火〜中火くらいで沸かします。

強火だとバーナーであぶるようになって、

鉄に良くないらしいからです。

この点については分析したことはないんですけど。


更けゆく秋の夜、木枯らしの音を聞きながら、

静かに鉄瓶でお湯を沸かし、お茶を飲みながら、

本を読む、

ラジオを聴く、

が癒しになりますわ〜


または、買い集めた古布なんかを抽斗から出して眺める・・

P1000142

これは、秋の柄のちりめん布です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

« 秋の日に誘われて連想したこと購入したもの | トップページ | 寄席のお話 ラジオで寄席の出囃子の話を聞きました 矢野誠一さんでした »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53089939

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄瓶のお湯でお茶を淹れましょう 鉄瓶のお手入れはかんたんです:

« 秋の日に誘われて連想したこと購入したもの | トップページ | 寄席のお話 ラジオで寄席の出囃子の話を聞きました 矢野誠一さんでした »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ