« カフェパウリスタさんのコーヒー淹れてます・・ | トップページ | 寒い日は帽子であったかさキープ プチプラなのに2WAYの帽子 »

2011年12月18日 (日)

ちょっと昔の暮らしの道具立て

P1040132帳場格子がある、こういうお店は
さすがに昭和30年代でも、もうなかったんじゃないかと思います。
でも、それぞれの道具立ては今でもあります。

茶箪笥、柱時計、障子、襖、熊手、招き猫。
・・そう考えると、ほとんどが現役で、
こういう形態のお店がなくなった、というだけなんですね。

こういう小さい商売が成り立たなくなったのは惜しいです。
街によっては、成り立ち得るんでしょうか。
大型店が幅をきかす地域ではだめですよね・・

このお店は、浅草花川戸の鼻緒屋さんらしいです。
こんな店先で鼻緒を選んで
そこですげてもらうってわけですね、きっと。
上がりかまちに火鉢が置いてあって、あたれるようになっていました。

これは、台東区の下町風俗資料館です。
行ってみて、ここの良い点は、
家や道具がただ「陳列」されているのではない、という点です。
そこに人が暮らしている、という息吹を表してあるんですね。
それはきっと、この展示を作った人たちの中に、
こういう暮らしを覚えている人がいたからなんじゃないかと思いました。

あんまり昔だと、
どういうふうに使われていたかがわからなくなって、
展示して「見るもの」になっちゃいますけど、
ここの展示はついこの間までは使われていたものばかりだから。

うちでも、茶箪笥、柱時計、障子、襖はげんに使っているし!
招き猫は置物はないけど、招き猫もようの鏡がある・・

P1010355 あとは熊手がないだけだな〜

資料館の外、上野不忍池のほとりのイチョウはこんなでした。

P1040139

« カフェパウリスタさんのコーヒー淹れてます・・ | トップページ | 寒い日は帽子であったかさキープ プチプラなのに2WAYの帽子 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53502596

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと昔の暮らしの道具立て:

« カフェパウリスタさんのコーヒー淹れてます・・ | トップページ | 寒い日は帽子であったかさキープ プチプラなのに2WAYの帽子 »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ