« 部屋の灯りをアンティークに | トップページ | 歌舞伎思出話という本 昭和23年発行 »

2011年12月 8日 (木)

久保田万太郎の季節

冬籠もりの季節がすなわち、
わたしにとって久保田万太郎の季節だ。

作品の持つ空気というのか雰囲気というのか、
それが、冬籠もりにぴったりなのだ。

冬は日が短かい。
午後うかうかしていると、
もう薄闇がせまってきて、灯りをつける時間になる。
P1010265

長い夜に小さな灯りのもとで読むと
久保田万太郎の描く世界が真実味を持ってくる。
浅草あたりの、
裸電球に照らされた座敷にいる寒々しい格好をした人々とか、
物売りの声やどぶ板を踏む音が聞こえる街角とか、
そういう光景を思い浮かべるのに、
冬の夜がぴったりなのだ。
早くに家に帰り、侘びしい光の下で読むのにぴったりなのだ。


P1010268

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 人気ブログランキングへ

« 部屋の灯りをアンティークに | トップページ | 歌舞伎思出話という本 昭和23年発行 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53434396

この記事へのトラックバック一覧です: 久保田万太郎の季節:

« 部屋の灯りをアンティークに | トップページ | 歌舞伎思出話という本 昭和23年発行 »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ