« 春の異動の季節 思い出の部屋の写真で絵本アルバムを作ろう | トップページ | ホットカーペットが弱でもあったか、余熱も長~く続く »

2012年1月20日 (金)

梅ちゃん先生クランクイン 蒲田が舞台です

4月から始まるNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』の
収録が先月からロケ地茨城で始まったとのこと。

舞台になる蒲田の地元、こちら大田区では
ホームページなどでも話題になっています。
蒲田というと、とかく治安が悪いイメージを
持たれる時期が続きました。
実際、昭和30~40年代ごろには
場所によっては犯罪が多かったとか・・

現在は明るく、風紀も他の街に劣らない街になっているけど、
一度できあがったイメージは
急に変えられるものではないのです。

この度の『梅ちゃん先生』で
戦争の焼け跡から立ち上がる蒲田の人々が
登場することになりました。

それによって、決して上品とは言えないけど、
人間味あふれる飾らない人々がいっぱいいる街として
親しみを持ってもらいたい、なんていう思いが
地元にあることはたしかです。

昨年10月に、蒲田駅ビルの東急プラザさんで催された
「蒲田今昔写真展」でも
歴史ある蒲田を見直し、良さを広く知ってもらおうという
機運が盛り上がっていました。

かつては松竹蒲田撮影所があって
俳優や映画関係者が集ったモダンな場所だった
蒲田の片りんは、実はそこここに残っています。

まず地元人が街の良さを再発見して、
訪れた人にも知ってもらおうと
「梅ちゃん先生」推進委員会というような組織を
作る動きもあるようです。

ドラマはあくまできっかけとして、
良き蒲田を再発見していく動きに参加していきたいです。

« 春の異動の季節 思い出の部屋の写真で絵本アルバムを作ろう | トップページ | ホットカーペットが弱でもあったか、余熱も長~く続く »

東京都大田区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53780687

この記事へのトラックバック一覧です: 梅ちゃん先生クランクイン 蒲田が舞台です:

« 春の異動の季節 思い出の部屋の写真で絵本アルバムを作ろう | トップページ | ホットカーペットが弱でもあったか、余熱も長~く続く »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ