« よれよれズボン姿が自分をだめにする?きもの生活再開 | トップページ | パソコンの前にいると忘れてしまうこと »

2012年2月 1日 (水)

何かを実現し無理なく運用するには道具立てが必要

前にきもの生活をしたときは、

きものの上に着る作業着は割烹着だけでした。

それしか知らなかったのです。

おとといからのきもの生活では、

友人からもらった上っ張りを着用しています。

P1040681a

P1040682a

これは丈が膝くらいまであって、袖は割烹着のような筒袖です。

袖口にゴムがはいってないので、

水仕事のときにはゴムをはめてやっています。

丈が長いのでお風呂掃除も気にならずに洋服のときと同じようにできます。

丈はわたしが着ているものは80センチあり、

150センチのわたしで膝くらいまでです。

あまり短いものだと、

裾が開きやすかったりひざ上あたりがぬれちゃったりして

よくないかな、という感じがします。

これをくれた友人は年上の人で、

きものに相当慣れている人なので、

こういう上っ張りを当たり前に知っていたのでしょう。

この寒い時期には着物の上に割烹着だけでは寒いので、

これの存在はたいへん役立ちます。

わたし自身、すでに日常きもので生活している人は

少ない時期に育っているので、

こんな上っ張りがあるのを知らなかったのです~

何かを実現し無理なく運用するためには、

適切な道具立てを用意すること!

なくてもすむかどうか一考してから、必要と判断したら取り入れるべし。


上っ張りは働き着なので地味目な色あいのものが多いようです。

唐桟のこんな生地も売られています。

わが出身地埼玉でも、川越などで唐桟が織られています。

好きなきものにいつも親しむために必要なグッズです。

仕立ては妹がうまいので、頼めます。(ご希望の節はどうぞ)

浜松木綿2≪唐桟紬≫(半着、上っ張りなどとして)

価格:3,990円
(2012/2/1 11:53時点)
感想(0件)


« よれよれズボン姿が自分をだめにする?きもの生活再開 | トップページ | パソコンの前にいると忘れてしまうこと »

おすすめの道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53875859

この記事へのトラックバック一覧です: 何かを実現し無理なく運用するには道具立てが必要:

« よれよれズボン姿が自分をだめにする?きもの生活再開 | トップページ | パソコンの前にいると忘れてしまうこと »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ