« コーヒー好き | トップページ | おいしいものはみんなに振る舞いたくなる »

2012年2月 8日 (水)

ふるさとの特産品を世に送り出すための苦心を買う

ウド(独活)は、高知県では古くから

食用の他、生魚などの保存に使われるなど、

有用な植物として珍重されてきたそうです。

 

四万十川流域にたくさん生えていたから、

長い間に人々が効用を見出してきたんですね。


 budウドは漢方ではつとに有名

ウドは、

発汗解熱作用、

血流を促進して痛みをやわらげる作用、

利尿を促しむくみや腫れをとる作用

などが知られています。

 

中国では特にリウマチの痛み止めとして利用してきました。

ウドには体をポカポカあたためる作用があって

筋肉を緩解させ、やわらかく保つ働きもあわせ持っているからです。

タンニン、精油、酵素など

薬効につながる物質が多量に含まれているということです。 

漢方薬には多く生かされていて、

片頭痛、手足の捻挫、冷え症、足のしびれ、むくみ、

慢性気管支炎、産後の体力回復、カゼの初期症状

に良いと勧められています。 

 

bud郷土の産物を製品にする努力

だから、漢方薬以外にも生かせないかと、

産地である高知県の人が考えるのは

しごくもっともだと思います。

その成果がウド石鹸だということになります。

P1040759a

特許をとるのに、ずいぶん苦労なさったとのことで、

ただ

「良いと言われている」という所から

製品としてみんなが使えるようにする所までは、

やっぱり遠い道のりなんだな~ 

と思いました。

その結果、わたしたちが

自然のエネルギーを生かした製品となった

「ウド石鹸」を使うことができるというわけで・・


bud洗顔石鹸はどんなのを使いたいか

洗顔石鹸をどんなものにしたいか考えたとき、

わたしたち40代はやはり、

・添加物のないもの 

・アンチエイジングに効果のあるもの 

と考えますから、

血行をよくしたり

温めたりする効果も合わせもった

天然成分の石鹸を選ぶと思います。

P1040767a


budお金を出せばなんでも買える時代に物を選ぶ基準とは

ものを買うときにわたしはこのごろ、

その製品ができる過程を大事にしています。

つまり、それを作るのに

どんな人たちが

どんな苦心をして

どんな思いを込めているのか、

ということです。


ものはわたしたちのまわりにあふれているから、

お金さえだせばなんでも手にはいります。

だからこそ、心の部分で共感するものを

自分の手元に引き寄せたいと思います。


郷土のウドを全国に送り出そうとした人々の苦心の結果、

四万十で育ったウドが、

石鹸の中に込められてうちに来たんだな~ 

と思いながら使いはじめました。

泡はかなり柔らかくてほんわかした感じです。

P1040778a


なにか変化があったらご報告したいと思います。

 


ウド石鹸の素材は清流四万十の源流から

« コーヒー好き | トップページ | おいしいものはみんなに振る舞いたくなる »

化粧品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/53933325

この記事へのトラックバック一覧です: ふるさとの特産品を世に送り出すための苦心を買う:

« コーヒー好き | トップページ | おいしいものはみんなに振る舞いたくなる »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ