« フェリシモコレクションを始めるなら今がいい! | トップページ | 味噌づくり準備 樽を洗う 豆を浸す »

2012年3月22日 (木)

花屋界の先駆者・日比谷花壇さんで母の日ギフトを買う利点とは

母の日にお花を贈りたい、と考えたとき、
どこのショップで買うかは大きな問題のようでもあり、
どうでもいいことでもあるとも言えます。

適当に選んでも、そこそこすてきなお花はあるんですから。
考え方しだいだとも言えます。

そんな中で、
一流ブランドである日比谷花壇さんのお花を買うっていうことは、
どんなメリットがあるのか~

について調べました。

present ずっと変わらず支持されるクラシックな品揃え

やっぱりここ、という安心感がある。
マージュフラワー「パール付きローズブローチ」の堂々正統派の貫禄。
また、古伊万里のカップ&ソーサーとお花を組み合わせたセットなどは、
見るからに由緒正しき貫禄を誇っています。
一流のものを望まれるお母さまも
きっと毎日つかってくださるのではないでしょうか。

こういう点が、数多ある他のお花屋さんと違う点なんだと思います。
ブランド品を買う気持ちも、
そのお店が長年培ってきた伝統を一緒に買うことですから。

present 英国のリバティ社のプリント柄を使った商品が用意されている。

(リバティ社は、1875年、アーサー・ラセンビィ・リバティ氏が
ロンドンのリージェント・ストリートに
小さな東洋美術工芸品を紹介する店を開いたことにはじまり、
いまも独自の存在で、
ファッションの最先端に位置して
ロンドンの名所のひとつとなった
リバティ百貨店とともに、
世界の人々に豊かな生活を贈り続けています。)

女性ならだれでも一度は
目にし耳にしたことのあるブランドと
コラボしている商品は、
日比谷花壇さんでだけ手にはいります。

present 創業明治5年と、とびぬけて歴史があって
いわば花屋界の日本橋高島屋?
(ここにはいるお店の名は人によって違うとは思いますが・・(笑))。

そして今も、「花がもたらす豊かな文化を創出してゆけるよう日々研鑽を重ね、
社会に貢献して」いこうとする理念を掲げている会社で、
知名度抜群、ブランドイメージ抜群であることはご存知のとおり。

それでは、先日実物を見せていただいた母の日のための

たいへん豪華で美しい品々の写真を撮りましたので

見てください!

P1050125a

P1050123a

P1050124a

P1050158a

P1050126a

格調高い中にもさまざまなバリエーションがお見事・・

P1050160a

パールつきローズブローチがこちら。

P1050168a

ブローチとしてピンでとめるほかに

ストールやバッグにはさんでつける

クリップもついているので使用範囲が広いです。

パールがひとつぶだけっていうのが

おとなの節度を表していて奥ゆかしい。

P1050163jpga

ちょっとカジュアルなこんなお花も。

P1050159a_2

当日ご説明くださったスタッフの方々。

商品に対する自信と熱意が感じられました。

P1050161a

日比谷花壇のフラワーデザイナーの方がアレンジするところを生で見せてもらって

観衆一同、感嘆したのでした・・eye

P1050209a

 

母の日関連のお得キャンペーン一覧ページはこちら icon icon icon

 

日比谷花壇の母の日ギフト icon icon icon

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

« フェリシモコレクションを始めるなら今がいい! | トップページ | 味噌づくり準備 樽を洗う 豆を浸す »

ギフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/54285152

この記事へのトラックバック一覧です: 花屋界の先駆者・日比谷花壇さんで母の日ギフトを買う利点とは:

« フェリシモコレクションを始めるなら今がいい! | トップページ | 味噌づくり準備 樽を洗う 豆を浸す »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ