« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の記事

2012年4月30日 (月)

日本人の生活のすぐそばに鶴がいたころ

何十年か前、
日本人の暮らしのすぐそばに、鶴がいました。
今だって、そういう地域はあると思いますが、
ずいぶん減ってしまったことは確かでしょう。

わたしの田舎の埼玉北部のほうでも、
鷺の仲間は見られても、
鶴はちょっと見たことがありません。

鶴が近くの山
(埼玉の平野部では林のことを「山」と呼ぶことがあります)
の木に巣をかけ、ヒナを育て、
羽ばたく様子や
親子の鶴が飛ぶのを
日常的に見ていたのは50年くらいまでなのかもしれません。
40代のわたしでさえ、伝聞でしか知らない光景です。

ところが昨日、
目をつぶるとその光景が見えてくるような、
尺八の演奏を聞きました。
「巣鶴鈴慕」
という曲で、
演奏されたのは善養寺惠介さんです。横浜の会場で。

ああ・・日本人はこういうふうに
農村で鶴のすぐそばで生活してきたんだな、
また、
鶴たちは、人のすぐそばで巣ごもりをして
静かに生きていたんだな、
という思いが湧き上がってきて
涙が止まらなくなるんです。

鶴の息づきが伝わってくる、
鶴をそばで見ている日本人の心も伝わってくる、
そういう演奏だったんです。

受け取り方は人によるし、こういう受け取り方は
曲の意図とはちがってるのかもしれませんけど、
いろんな芸術が、
受け手の心の中にあるものを引き出すんだと思います。

モノクロ映像で
鶴がたくさん巣をかけていた農村風景を見るような気持ちになりました。
そうしてズームをしていくと家々で人が竈の火を守っている。

曲が始まって間もなくそういう気持ちになって、
涙がこぼれてくるので、意外でした。

尺八の本曲と呼ばれる曲は
琴も三味線もなく、ただ渋いメロディーの尺八の音だけなので、
いつもたいてい眠くなってしまうのです。gawk

だから昨日も、この曲のところでトイレに行こうかな、とまで思っていたほどです。
でもなんとなく座ったまま聞いていると、この反応です。
自分でも予想しなかった滂沱の涙。
心が弱ってたのかな。
このごろあんまりいいことないし・・とか、あとで無理に理由を考えてみたりするくらい。happy01

とにかく、よい演奏が聞けて昨日のラッキー体験でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月27日 (金)

風で飛んできたスミレたちを日なたに移してやりました

家の横の日陰にスミレの種が飛んできて

芽を出していました。

苔とドクダミだけがあるような場所で、

スミレには不向きなので、

鉢に入れて日なたに出してやりました。

P1050719

ここ1年あまり、家と生活が変わって、

園芸方面はお休みしていましたが、

この出来事や、

きれいなお花を育てている皆さまのブログを拝見して、

なんだか、「わたしもまたやってみたいな~」 と思うようになりました。

このスミレを植えた土は、

前に園芸をやってたころに買ったものだから、

約1年半前のもの。だいじょうぶとは思うけど・・coldsweats01

どうなんでしょうか??

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月26日 (木)

草ぼうぼうのスペース ビフォーアフター

うちにこんなスペースがあって、

Frzrzrafhtsayf3

草ぼうぼうだったので、

一念発起(というほどたいへんではないが・・)して、

草取りしました~

鉢植えなども置いてたのを移動・・

残してある葉っぱは、ニラなのです。

摘んでおかずにします。

白いのは姫リンゴの花びら・・cherryblossomcherryblossom

Gjugb40g5uaikff
草取りは、やっただけ成果が目に見えて気持ちがいいものです。v(=^0^=)v

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月25日 (水)

気分はカフェ にするため、電灯をつけて明るくする

うちは、お隣とくっついたちっちゃい家なので、
時間帯によって下の階はちょっと暗いです・・

昼間、灯りがなくてもじゅうぶんなときは、
節電の気持ちもあって電気はつけません。

でも、たまにどっかのカフェなどに行って、

「ここも日陰だけど、
灯りがあることで雰囲気あるスペースになってるな~」

と思うことがあります。

家にいるときも、
あまり実用だけに走らずに、

灯りをつけて、ほっとする空間に
自分をおくようにしたいな、と思います。

ほんの短い時間、休憩する間だけですから、
節電にも反しない程度かと・・
電球型蛍光灯2個です。

Edpgo_4wnbzyw19

ちょっとひと息入れて
台所の隅っこの
わたし用の机に向かってラジオをつけるときとか、
マグに一杯のお茶を入れて
「フー・・」と言うときとか。

つい、貧乏症でせっかちなもので、
「すぐだからこのままでいいや」と、暗いままで
そそくさと時間を過ごしてしまいがちなんです。

前に読んだ本のことを思い出しました。

和田秀樹『すぐ結論を出せる考える技術 話す技術』
という本です。

決断できない人は
頭の中にいくつもの未解決問題が残っているから、
心のどこかに引っかかりを抱えて、
「なんとかしなくちゃ」
という焦りでいつも時間に追われることになる。

ということが書かれていて、
「そうだな~」と思った記憶があります。

決断するのに
3つの根拠を必死に考えて
サッサと結論を出して、すぐ行動に移すリズムが大切。
行動しなければ成功もない。
まったくそうです。think
失敗することもあるけど、成功することもある。
人生そのくり返し。

話は少し飛びましたが、
自分を良くしようと、
いつもそれなりに試行錯誤しているというお話です・・catface

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月24日 (火)

くり返し行きたいお蕎麦屋さんに出会いました 東京・大森

お酒をすこ~しずつなめるように飲みながら、お醤油系のおつまみをちょこっとずついただきつつ、好きな話題で静かに談笑できるお蕎麦屋さん。造作はレトロで木を感じる家だと文句ない・・
そんなお店があったら、たぶんお値段が高くて手が届かないだろうし・・もっと働いて豊かにならないとな~
と、思い巡らすことがあります。
そういうお店が、家から徒歩圏にあったのに出会い、ハッピーです。(* ̄ー ̄*)

外側がこんな感じで・・
Rra87makarps7oi
Espnm_wzqnjxjqc
お料理と器がすてきなハーモニー

D7kfprpqch0yb2x
味噌をなめつつお酒をなめるのが好き、って
かなり酒好き?

5govb7mzbtnidsv
だし巻きたまご 
だしの香りと甘さ。
だいこんおろしとかいわれの辛さ
一緒に味わうとほ~んと幸せ感じます。

Pqucfutatgofgvh
この取り皿が、わたしはとっても気に入っちゃいました。
白に青い模様で、楕円形。
見かけのわりに持ち重りのするところも味わい。
7cuxcbvitqnvxhh
くずし豆腐もとったんですけど、あまりのうれしさに写真を取り損ないました。

くつろいでお酒を味わったあと、お蕎麦へ・・

季節のメニュー

あさり蕎麦
N1gdpo31fkxveft

お店の中はこんな雰囲気で、
ゆっくりとお酒を味わい
蕎麦に舌鼓を打つひとときを楽しみたい
おとなにぴったりな感じなんです。

7vf9e7b53gmuvhz
京浜東北線 大森駅東口ですよ~
この雰囲気で、お値段は普通のお蕎麦屋さんなみ。
いま、なにかと物入りで節約モードなわたしも、
何かの記念日などには行きたい! と感じるお店でした。
もっと気楽に立ち寄れるくらいになれるよう、
もっと働かなきゃ!coldsweats01

手打ちそば しのはら

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月23日 (月)

春雨の降る半日、歩いて見つけるもの

雨の休日はいいものです。
ふつう、雨はいやだと言われますが、
雨が好きな人は案外いますよね。
わたしもその一人。
もっとも、せっかくの行事がある日とか、外に居なくちゃならないときはべつですけど・・。

きょうがまさにその「雨の休日」

Kakoqx6uxrkmfxf5gvu2
朝のうちは糸のような春雨の状態。

きょうは美容院へ行こうと予定していました。
いつもならサーっと自転車で行ってしまうところを、
雨なので、歩いて出かけてみました。

玄関先には今、
お隣の家の姫リンゴの花びらが散りかかっています。
みずみずしい若葉に、白い花びらがはらはらと・・

歩きながら、
いつもはサーっと通り過ぎてしまって
一瞬で目からも心からも消え去っていく
沿道の花や木をじっくり眺めることになります。

藤棚が見事なお宅があって、
今まさに房の上のほうから開き始めたところ。
藤の花房の風情は晴れの日もいいけど
雨の中もまた格別です~

美容院ではとっても丁寧に髪を切ってもらい、
髪質について美容師さんが感じたことを話してもらったり。
ブローすると形を保ちやすい髪質だと言われました。
ふだん髪のお手入れも、ブローと言えるほどではない、
乾かすことが目的のブローしかしない状態なので、
ちゃんとやっていつも、
こざっぱりと整った髪型にしたいものだと思いました。
年をとってくると、こざっぱり って大事ですよね~

熱いお湯で髪を洗ってもらい
頭のマッサージもちょっとやってもらったりすると、
ほ~んとに気持ちいいですね。

なんだか気分がホッとして、
近くの図書館にも寄り込み、
お料理の本など眺めてみました。

レシピを読むと、ふだんあまりお料理熱心でないわたしも、
ちょっと刺激を受けて、
「おいしいごはんを作りたい!」
という意欲がわくんです。

レシピ本をパラパラっとめくって、
「作ってみたい」
と思うメニューが載っているものを借りてみました。

これだけ料理の本が出ていて、
新しく読者の意欲をそそるメニューを考える料理家さんは、
エライとつくづく思います。

きょうは、ケンタロウさんとウー・ウェンさんのを借りました。
どちらも前に作ってみて
「ウーン、オイシイ!」
と感じたことのある人。

タイシタモンダ。gawk

帰りになると、やむかと思った雨が、
なんといっそう本降りになっていました。
でも、長靴で大きい傘で来ているから、まあ、いいか・・
と相変わらずみんなの家の植物鑑賞。

こうして見ると、なんとたくさんの人たちが
庭木や草花を育てていることでしょう。
いま花ざかりのお庭のお宅もたくさん。

そんな中、わりと古くから住んでいそうなおうちで、
手入れをしてないわけじゃないけど、
きっちりきちんと世話をしているわけじゃない、
という家の植物たちの醸し出す
ちょっと荒れぎみだけど年輪を感じさせるなにげスペースに
魅力を感じてしまうのでした。

カラっと整然とお花をならべてある花壇よりも、
苔むした半日陰のような、なにげない空間・・
あくまで好みの問題ですけど・・coldsweats01

雨の中のそぞろ歩きですっかり楽しい気分になり、
途中のギャラリーのちらしをもらったり、
パン屋さんでカレーパンと胚芽パンを買ったりして、
帰宅しました。

雨の音を聞きながら
カレーパンとコーヒーで
ささやかなひとりランチタイム・・という半日です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月21日 (土)

洗濯機を回してる間にすること

家事を能率よく進めようと一応いろいろと考えたりします。
洗濯は洗濯機がやってくれるので、
回している間、たいていほかのことを進めますよね。
またはお食事の間に回しちゃうっていう場合もあったり。

テレビに栗原はるみさんが出ていたとき、
うろ覚えですが、
すすぎか脱水の間に、何かを終わらせることに決めていると言って、
階段を大急ぎで昇って降りている姿が映っていました。

自分で何かやり方を定めて
効率をよりあげようとする努力って、効果があると思います。
効率の面はもちろん、
自分の課題解決達成感という意味でも・・

で、「かたつむりな」わたしも、
さすがに、洗濯機を回している間にこれをやっちゃおう、
というような目安は作っているんですが、
内容はその日によってまちまちです。

台所の床拭き、とか、二階の掃き掃除、とか。

run「洗い」が終わるまでに食器洗い終了 とか

run「脱水」の間に階段とネコのトイレ終了 とか

ところがこの間は、決めた内容を終わらせたときに
洗濯機のほうがまだ終わっていなくて、脱水の途中でした。

じゃあ、脱水が終わるまでに、
今とりくんでいるある学習テキストの、ここを覚えよう! と思って
台所に設置した折りたたみ机に向かったわけです。

Iziutv4siz6klli

それで、始めたら、
予定した内容だけで終わらせられない気分になって
脱水が終わってもまだ続けてしまいました。

これって良かったのか失敗だったのか・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月20日 (金)

日本女性が保湿ケアをするとき

化粧品は今や数知れぬほどの種類が売られています。

tulip美しい人を見習いたいけど面倒くさがりや

きれいになりたいけど、

いちめん無頓着でもあるわたしは、たまに、

「どれでも、そこそこの値段のものなら、

そうたいした違いはないんじゃないか」

なんて、ひどいくくり方をしたくなる時さえあります。

もう一人の自分としては、

「それじゃきれいにはなれない」

と、わかってはいるのですが。

美しい人は、やっぱりさまざま考えて

丹念に自分を手入れして

お金も時間もかけているんですよね。

わたしも、気分になみがあるものの、

いちおう、

「ちゃんとケアして最低限のきれいさを保ちたい・・」

と思ってはいるのです。

tulip良さそうなものをトライアルしてみる

そんな中で先日、

日本盛オンラインショップで

「米ぬか美人」トライアルセット【特典付】日本盛 スキンケアセット

を購入し使っています。

(洗顔クリームを撮影に入れるのを忘れました!)

Rq8fxxzupx9vo5k

わたしはもともと、

日本酒が肌にいい

ということには賛成意見(?)だったので、

受け入れやすかったこともあり、

化粧水120ml(1か月分)とトートバッグがもらえるなら、

この機会に試してみようかな、というのが主な動機で申し込みました。

トライアルセットには、

洗顔クリーム

化粧水

美容液

保湿クリーム

の、4種類が含まれています。

で、このセットを購入した人が、

20116月現在で150万人もいるそうなので、

今さら私が使った感想をここに書こうと書くまいと、

どうってことないんですけど、

150万分の1の人として、書くことにしました。かんたんに・・

それにしても、150万人もの人が買ったということは、

日本女性の多くが、米ぬかは肌にいいかも? 

と思っていることの証明かもしれません。

ぬか袋をむかしお風呂で使っていたのは、

やっぱり、きれいになれるという昔の女性たちの思いの表れなんでしょう。

お芝居や錦絵などで、

美しいきもの姿の女性が糠袋をくわえているのは色っぽく見えます。

tulip特徴的な成分

現代ではその成分を、

より効果を発揮できるように

他の成分と配合して商品が作られているっていうことのようです。

成分名と効果を全部知っているわけではないけど、

コメ発酵液・酵母エキス・コメヌカエキスは、

こちらの商品独特の成分だと思います。

そのほか、

ヘチマエキスやアロエベラ葉エキスやホホバ種子油といった、

植物性の成分が並んでいます。

テクスチャーのイメージは

化粧水 水のようなさらっとした感じ

Kaoh2cy3hmx87jk

美容液 とろりとして肌にとどまる感じ

1b6wlqudpgfvnct

保湿クリーム 白色で少量でもよく伸びる

Pflxr8o07hsgbt4

な~んか写真の撮り方がへたで恥ずかしいです。

tulip何か変わってきたことはというと

いちばん感じるのは、

毛穴が目立たなくなってきたことだと思います。

ファンデーションをつけたとき、

どうも、肌のきめが荒いのが気になっていたんですけど、

なんか、それほど目立たなくなってきています。

だいたい毎日朝晩、3種類ともつけていますので、

どの液がどのように効果を発揮したのかわかりませんが。

保湿クリームも、ベタつかないし昼の間も乾燥を防ぎたくて朝もつけています。

よく伸びるので少量を乾燥しやすい部分に伸ばして使っています。

1か月近くになりますけど、まだはいってます。

トライアルセットは1890円ですが、

通常商品はたとえば化粧水が

120mlで1890円なので、

「ひとかどの化粧品は使いたいけど、

あまり高価なものはちょっと家計的に使えない」

という微妙な線に適しているんじゃないかと考えます。

化粧品はけっこう値段に比例した効果があるというのも真理ですけど、

セレブじゃないから、毎日の家計を圧迫するほど払えませんから。

そしてエイジングを考えれば、美容液か保湿クリームのどちらかをつけたいところです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月19日 (木)

中国茶藝を体験してみました

近くの文化センターで

「中国茶藝」体験をやっていたので参加しました。

いろんなお茶の

香りや味や場の雰囲気を味わうのが好きで、

茶器を見るのも好きです。

背の高い茶碗にお茶を注いで

背の低い茶碗を乗せてひっくり返すいれ方は、初めて見ました~

飲むときこぼさないか心配でした。

Xgoe_4lc6hvxhpr
↑不思議なこのスタイル

↓無事お茶碗をひっくり返してお茶が下の茶碗にはいったところ。

お茶菓子はナツメとピーナツ。

ピーナツの味付けが、塩辛さだけでなく甘味があるのがおいしく、

参加者の間で話題になりました。 

ナツメもお茶の味にとても合います。

Hdmppd2xwtqdfme

茶盤と呼ばれる台を中心に並ぶ道具↓

日本の茶道ほどじゃないにしても

道具がいろいろあって、見ていて楽しい。
Yckqvhnfskyox6x

昼間にあるこういう体験コースに参加するのも、
家にいるようになったればこそ。

自分で時間配分を決められる生活は、
それだけ精神的に辛いこともあるけど、
こういう時間を挟み込むことができるのはうれしいです。

きょうの参加者は、わたしより若そうな方がお一人と、
あとはたいてい年上と思われる女性たちでした。

知らない人たちと、こういった場でご一緒して
ひととき過ごすのって、けっこう好きです。
長いつきあいの間柄もいいけど、
その時だけのご縁、というのも良いものです。

講師の先生はまだ先生としては新しい方のようなので、
いつの間にか、
うまく進むように、場をスムーズにしようとする言葉を
言ったりしてみるわたしでした。
大きなお世話かもしれないんですけど、
自然とそういう気を使ってしまう、取り越し苦労屋なのね。
いろんな人がいるから、ついつい。

ほんの2時間の体験コースです。

「茶藝師」という資格があるそうですね。

最近、資格というものの大切さを感じないでもないので、

習うならそういうものを目標にしたほうがいいんだな、と感じつつ

帰ってきました。

で、帰ってきて猫たちにおやつを与えたあと、

急いで階段を昇っていたら、

階段を踏み外し、と~~っても痛かった!crying

タイツを履いているので直接見えないけど、血、出てるかな~

見るのがこわい・・

お粗末な日常にjたちまち戻ってしまいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月17日 (火)

日陰に人知れず咲いていたスミレの花

うちは東京南部の密集地にある家です。
お隣との間はごく狭いので、そこには日が短時間しかあたりません。
だから、そこに生えているものといえば、コケとドクダミくらいでした。
ところが、きのう気づくと、なんとスミレの花が咲いていたのです!
そして周りをよく見ると、同じ葉っぱがほかにもあります。
ということは、まだこれから咲く花もあるかも・・
さっそく小さい鉢を出してきて、咲いている株を土ごと移し
日の当たる場所へ持ってきてやりました。
あとでほかの葉っぱたちも、もう少し大きな鉢に入れようと思います。
どうやってここにスミレがはえたのか。
お隣の奥さんは植物が好きで、いろんなお花を咲かせていますが、
これと同じスミレはないようです。
夕方お会いしたときにこのことを話してみると、
「(近くの)金山神社に、おんなじようなスミレがいっぱい咲いてたわよ~」
ということでした。
そこから種が飛んできたのでしょうか。
よくこんな寒くて日の当たらない場所で芽を出して、
花まで咲かせたものです。
まだ暖かくなったばかりなのに。

きっと、わたしがやたらとため息をつきつつ過ごしていた冬の間に、
準備したんでしょうね~
「気力がわかない」「なんとかしたいけどなんともできない・・」
という感じの日々に埋もれるわたしへの、爽やかな風です。

P1050612a

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月16日 (月)

フォーリーブスが半分になっちゃったって今日知りました

さっきニッポン放送を聞いていたら、
渋谷で14日に行われた、同窓会コンサートという催しのことを話していました。

そのナビゲーター役の江木俊夫さんの
「フォーリーブスなんか半分になっちゃったんだぞ」
というつぶやきについて触れられていました。
「え?」と思いました。
それって、フォーリーブスのだれかが亡くなったってこと? しかも二人?
 調べてみると、青山孝史さんが平成21年に、北公次さんが今年2月にお亡くなりになったとわかりました。
知りませんでした。
70年代にはつらつとテレビに出ている姿しか覚えていないので、驚きました。
数日前にNHK BSでやっていた三波春夫と村田英雄の番組の
紅白歌合戦の場面で、奇しくも、元気に出演中のフォーリーブスの姿が映っていたのも思い出しました。
60代と若すぎる死ですが、時の流れを感じずにはいられません。
同窓会コンサートには西城秀樹さんも病後で出演していて
お客さんがかえって勇気づけられたとか。
その西城秀樹さんの姿に照らして、
「生きていればこうしてまた歌える」という文脈で、
はじめの「フォーリーブス~・・」という言葉が出たようです。
同じ世代の人たちをはじめ、ちょっと下のわたしたち40代まで含めて、
70年代に彼らがアイドルだった時代から現在まで、
いろんな苦労をくぐって生きてきた、っていうちょっとした感慨と、
みんながんばってるんだから、わたしも泣いてばかりいられない、
悩んでばかりいちゃだめだ、っていう気持ちにさせられます。

三波春夫・村田英雄の番組は、見るつもりじゃなかったんですが、
見ているうちに、やっぱりこの二人って魅力的だったんだな、と
感じました。歌唱力もすごいし、浪曲出身の骨太さもあるし、やっぱりさまざまな辛酸をなめて生きたっていう説得力があります。演歌ってきらいなんですけど、この二人の歌は、その範疇に入りきらない大きさがあるようにわたしは感じます。

人が生きるって、なんでこんなにも辛いことが多いんだろう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月13日 (金)

お掃除を途中でやめちゃう癖

お掃除のしかたは人によってさまざま。
使う道具もいろいろだけど、進め方にもいろいろあるみたい。

そういう中で、わたしの悪い癖は、
お掃除を、終わりのちょっとだけ残して終わりにしちゃうこと。
ほとんど終わっているとも言えるんですけど。

たとえば、戸棚の中のものを出して床部分を拭いたら、
ものを中に戻して終えるのはあたりまえですよね~ 
わたしもだいたいは戻すんですけど、
最後のほうで、出したものそれ自体を拭いたりしているうちに、
戸棚に戻さずに出したまんまにしちゃうとか。

使った雑巾を洗っておしまいにするはずが、
バケツにつけておしまいにしちゃうとか。
あとでやるのはとても億劫なのはわかっているのに~だめなわたし
・・と反省しながら、直せないんです。
忘れるんじゃなく、知ってて根気が続かないんです。
これも一種の病気かも。bearing

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月12日 (木)

お掃除であちこちに手をつけちゃうのと一箇所を徹底的にするのとどっちがいい?

お掃除の方法を迷うお話。

例えばその日は、床掃除をしようと思って
床を伸縮モップでせっせと拭いていて、ふと見ると、
電気の笠についているホコリが気になってしまったりします。

床を半分くらい吹いちゃったあとに、
上からホコリを落とすのはよろしくないやり方ですよね~。
でも、気づいちゃうと落としたくなってしまうのも人情。
思い切って(そんなおおげさな)
長い柄のホコリ払いを持ってきて払って、
床をもう一度最初から拭いてたりします。
手順わるいなー と自己嫌悪に陥りながら黙々とお掃除、
ということもしばしばありますが・・・

「きょうはここ」
と決めて、あまり手を広げずに、
決めた部分を徹底的にきれいにする、
という方法が気持ちいいように思います。

いつもいる部屋の掃き掃除は毎日やるとして、
そのほかは、

きょうは、この部屋の窓を
きょうは、本棚の周りを
きょうは換気扇の周りを
きょうはキッチンのシンク下を

とか、決めて行うようにしてます。

掃除用具で出番の多いのは

ほうき・ちりとり組
伸縮モップ
長い柄のホコリ払い

以前、机の上のホコリは水ぶきしなければならないように
思い込んでいました。
だから、面倒でホコリがそのままでした(笑)
でも、ホコリは、まずちゃちゃっと払ってよいものだと気がついて、
ホコリだけらではなくなりました。
はらってからほうきとちりとりでとる、という手順だと、
処理しやすいですね~

家じゅうきれいに保つのは、
ちっちゃい家でもけっこうたいへん。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月10日 (火)

梅ちゃん先生、地元も応援でいろんな動きが出ています

NHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』が始まって、
蒲田が舞台とあって、地元では
ドラマのパネル写真展や昔の写真展などの催しが行われています。

うちは蒲田と大森の間くらいの場所ですが、
同じ大田区とあって、蒲田の昔を知る老人も多く住んでいる地域。

先日、回覧板でこんなのがまわってきました。

P1050540a
家庭のアルバムなどに眠っている
昔の風俗がわかる写真はけっこうあるもの。

少し以前は、そんな写真、見向きもされませんでしたが、
最近は、昭和20年代はもとより
40年代くらいでも、レトロに感じる向きも増えました。

「こんなのよくある写真じゃないの~?」
と思っても、見たことない人には珍重されるのです。

これをきっかけに写真だけでなく、
住民の心の中のことも発掘し、
活字にしていくようにしたいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 9日 (月)

さくら、やなぎをこきまぜて・・だれもいない桜並木 この光景がずっと続きますように

田舎のお花見は、人ごみで疲れることがまったくありません・・(笑)

咲き誇る桜。
ほとんど満開で、まだ散っていない、
もっとも美しいところですね~きょうあたりが。

夕方にさしかかったころ、吹いてくる風にそよぐ柳の枝が
季節が移ったことをひとしお感じさせてくれました。

でも、そんな景色の向こうには、道路建設のための橋桁が迫っています。↓
埼玉県久喜市あたりの圏央道です。

この桜並木も分断され、切られてしまう桜もあるのでしょう。

数年たって、この田園風景が
できるだけたくさん残っていることを願いたいです。

P1050561a
P1050562a
P1050563a
P1050567a
P1050569a
P1050570a
P1050571a
P1050565a
P1050566a
この水辺は、久喜菖蒲工業団地を作ったときに人工的に作られた「沼」ですが、
数十年を経て、なんとなく元からあったかのようになっている気もします。

サギやカモやアヒルなどの鳥やカメも住み着いています。
カメやアヒルはもしかすると捨てられたのかも・・なんて気もするけど。

P1050568a
水曜日は雨の予報が出ているようなので、お花見は明日がひとつのピークかな?

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 8日 (日)

祇園のごまやさんのカステラで自分を反省

祇園むら田さんというお店の

黒ごまカステラをいただきました。

P1050523a
P1050522a
食材卸のお店で、ごまがおいしいと評判なんだそうです。

素朴な箱にはいったカステラです。

黒ごまが、た~~っぷりはいっています。

ごまのつぶつぶと練りゴマと両方はいっているのかもしれません。

P1050525a
P1050526a
つぶつぶの歯ざわりが香りとともにおいしく、生地がしっとりして落ち着く食感。

切ってあるのがうれしく、すぐにお皿に乗せて食べられます。

ごまとカステラは合いますね~。

緑茶とともにいただきました。

これをくださった友人はいろんなグルメなものを知っている人で、

同じお金を払うならおいしいものを食べるほうがいいのに

なんでみんな無頓着に選んじゃうんだろう・・と言っています。

わたしがまさにその無頓着な人なので、

「そうだよね~高価でおいしいのは当然だけど、

普通の値段でおいしいものを追求することに

もっと熱心になれば、世の中楽しいし、

自分で料理するときにも活かせることが多いんだろうな」と感じた次第です・・・coldsweats01

このカステラの値段は知らないんですが。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 7日 (土)

夏のグリーンカーテンの準備は4~5月にスタートだから・・・

母の日ギフトを見せてもらえるイベントに出展されていた花くらす*野菜くらすさん。

P1050182aこんなかわいいお花があったな~。

と思い、もう一度ほかのお花も見てみようと、HPにいってみると、

グリーンカーテンの予告がされていました。

この夏も節電は必須だから、

眩しい夏の日射しをさえぎるグリーンカーテンを計画する人も多いですよね。

グリーンカーテンは、当然のことながら、

苗から、あるいは種から始めるもの。

だからこそだんだん伸びていくのが楽しいわけで。

どの窓に必要か・・なんの苗にしようか・・プランターもおしゃれなのにしようか・・

などと考えたいですね。

母の日のギフトを調べようとしていたのが

すっかりグリーンカーテン計画に目がいってしまい、

母の日ギフトにグリーンカーテン栽培キットっていうのはどう? 

なんて考えたりしています。

でも、わたしの母はグリーンカーテン系はわたしよりエキスパート、

というか、庭全体がグリーンカーテン状態だから、向かないか? 

とか妙に迷ったりしています。

日当たり良好のマンションに住んでいらっしゃるお母さまや

本格的に差ガーデニングをするのはハードすぎるけど、

プランターでちっちゃなお花を育てるくらいなら、というお母さまには、

楽しめると思います。

グリーンカーテンというと、ゴーヤとかヘチマとかかな~

と思うと、今やそれだけではないんですね~

「宇宙いも」っていうフィリピン原産のお芋とか

「アピオス」っていうアンデス原産のマメ科の植物とか、

育つのが楽しみな珍しいものもあります。

もちろん爽やかな花の咲くアサガオも。

プランターや土やネットまではいっているキットなので

慣れない人でもだいじょうぶです。

花くらす*野菜くらす icon icon

⇒花くらす野菜くらすさん 関連記事はこちらです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ささやかな玄関先のささやかな花々 絶えて桜のなかりせば

春が来て、

うちのささやか~な玄関先スペースの植物たちが

美しい花を咲かせてくれています。

椿
P1050550a

P1050548a

春蘭
P1050553a

擬宝珠の葉が早くも出てきました

P1050555a

道端の木々もここのところ急に新芽を吹いてきたようです~

この週末はお花見のチャンスですね。

千鳥ヶ淵で満開だということです。

桜が満開になると、

風が吹いたり雨が降ったりするとちってしまうのが心配でしかたない、

という気持ちが毎日あります。

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし

は、今の世も変わりません・・・cherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossomcherryblossom

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 6日 (金)

作った人の心を一緒に売っているお店 今月のプレゼントなど

3月にイベントで「セコムの食」さんの母の日ギフト見せていただきました。

それについては3月19日に、職人気質の人たちが作る嘘のない食べ物について、感動を交えてご報告したとおりですが<⇒セコムの食 関連記事はこちらです>、こちらのお店で、人気商品のプレゼントを毎月行なっていることを知りました。

「セコムの食」さんのマンスリープレゼント。
今月は、クイズに答えると抽選で5名に
好評の「野菜チップス」が当たるそうです。

そして、4月にはいり、母の日プレゼントは何にしようかな~ と思い巡らす人が増えてきたと思います。

3月にはまだ、実感がなかった人も、ネットで検索したりしてますよね。斯く言うわたしも・・予算との相談もありますしね~

今年の母の日は5月13日。わりと遅いほうですね。「セコムの食」さんではスイーツや
厳選された食べ物に
オリジナルのメッセージプレートや、メッセージカードをセットにした
商品が用意されていました。

イベントでクローズアップされていたバウムクーヘンのほかにチーズケーキやびわゼリーが、それぞれの職人さんの手から、まさに心とともに送り出されて来たという感じで並んでいました。

P1050150a

また、サイトの、週替わりでお得な商品を紹介する「今だけお買い得!」コーナー。
送料無料や、10%OFFなど、さまざまな今だけ限定のお買い得商品が並んでいます。

それと、東北応援特集ももちろんありました。それぞれの生産者の声とともに紹介されています。

被災地といえば、セコムさんはご存知のようにセキュリティ会社。災害時や普段の防災意識の高まりから関心が高くなっている金庫についてHPで紹介がありました。

家庭用金庫「セコム・ホームピタゴラス」という商品は、
「盗まれない金庫」をコンセプトにセコムさんが独自開発した
家庭用の防盗金庫です。

強固なパネル・他方向のカンヌキ構造によって
高い耐久力を持っているそうです。

これまで使っていた金庫が思っていたより弱くて簡単に壊れてしまった例が意外とあります。

それと、廃棄するときに案外困るのも金庫。中途半端な商品を買ってしまうと、大事なものを守れないうえに、捨てるに捨てられないということになってしまうのでした。うちの実家がそれでして・・

イベントで、「セコムの食」さんの姿勢に共感したのでまたご紹介を書きました。

つまり、作った人の心を、買う人に一緒に届けてくれる姿勢です。

セコムの食

セコムの食

⇒セコムの食 関連記事はこちらです

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 5日 (木)

無人島に流れついちゃっても1年くらいは飽きずにいられる本

何度読んでも飽きないし、読むたびに心に響く本があれば

無人島に行っても

1年くらいは平気でいられるんじゃないかな、と思う。

Honya Club.comさんで、
無人島に持って行きたいおすすめ本のレビューを募集しているので
わたしも一冊考えました。

まずはなんといっても

兼好法師 『徒然草』 ですね!

『徒然草』には、何百冊もの本の内容に匹敵する

エッセンスがつまっているから

1冊選ぶならこれかな、と思う。

二百段を超える短いお話が並んでいるので、

どこからでも読み始められるのもよい。

書かれた時代は古くても、ほとんどの話が現代人にも共通のことだから、

思っているほど内容は難しくないし、

納得したり共感したり学んだりしながら読み進められるのです。

読後感爽やか。

なぜなら、自分を洗われるから。

坂本龍馬は日本を洗濯したいと書きましたが、

この本をとおして、自分自身というものを洗濯する感じがあります。


例えば、日常にあきあきしたとき

「どこでもいいからわが家を離れて他所にお泊まりしてみると、

目がさめたように感じてリフレッシュできる」

っていうことが書いてある。


また、新入社員や新入生などが多くいる今の時期、

新しいゆえに知らないことがたくさんあるのを、

知らないと言っていじめる古株の人がいたりする。

そんなとき、新人が

どのように考えて乗り越えればよいかが書いてある。


あるいは、こんな段も。

上等のものを持っているのに、汚しては困るといって、

みっともないカバーなどをつけて使っているのは、

その物ではなく、その所有者の品位や趣味を低くすることになる、

ということが書いてある。


またこんな場面は今でもあちこちで見かける。

自分のことを次から次へとしゃべりちらしたり、

他人のことを噂したりする人がいる。

それももちろん聞き苦しいが、

それを聞いて大げさに笑ったり同調したりするのも

ひどく見苦しい。

人品は自分で吹聴しなくても、

自ずから見る人にわかるものだということが書いてある。


すでに知っている人も多いであろう家作りの極意。

日本では、家を新築するとき、

夏に快適なようにつくるのが住みよい家を作るのに

賢いやり方だということも書いてある。


鎌倉時代にあった逸話で

現代でもそこここで展開されている人間ドラマと

おんなじ情景が満載の本だから、毎日読んでも飽きない。

しかも、格調高い文体が

知らず知らずのうちに暗誦できたら、

無人島から無事日本に戻れた時に

教養高い文化人になっているでしょう。(笑)

でも、無人島に行くのは不慮のことで流れ着くときだから、

あらかじめこの本を用意しておくわけにはいかないでしょうね。

いつ無人島に流されてもいいように、

かばんに良書を入れておくことが必要なんですね。


Honya Club.comで良書を探してかばんに入れよう・・ 提携書店での受け取り無料!

Honya Club.com リンクシェア レビュー・アフィリエイト

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

「すぐれた映画は決して嘘をつかない・・」

NHK BSプレミアムでやっている山田洋次監督が選んだ50本シリーズや

BSシネマの放送を録画して、見られるときに見ています。

そういう中で上の

「すぐれた映画は決して嘘をつかない・・」

という言葉を読んだとき、「そうだな~」と感じ入りました。

この言葉は池波正太郎の

『新 私の歳月』

の中にあったものです。

先日、家族の映画50本の最終作として『家族』という作品を放送していました。

倍賞千恵子・笠智衆・井川比佐志の出る昭和40年代が舞台の作品。

長崎から北海道の中標津に開拓民としてはいっていく物語。

見終わって、壮絶だけど、普通の人が普通の良心を持って

懸命に生活に立ち向かうとしたら、こうだろうな、と思った。

というのは、この3人、夫婦と、夫の父のあり方。

倍賞千恵子さんのお嫁さんの役が、義父を大切に思う気持ちが、

大げさすぎず、「普通」です。

それはつまり思いやりにあふれています。

東京で赤ん坊の早苗ちゃんが死んでしまい

疲れとかすかな後悔とから、夫が父親に、

一緒に来ていることを「いいと言った覚えばない」と言い出します。

そのとき、妻の倍賞千恵子さんが

「今の言い方はひどいわよ」

と、本気で怒っているところは、真剣で心の底からの思いがこもっていました。

赤ん坊の死がショックで倍賞千恵子の民子さんが寝込んでいる一日、

上野公園あたりを、おじいちゃんの笠智衆が孫のツヨシを連れて歩いています。

おまんじゅうを売っている茶店のようなところで、

売り子のおねえさんが何気なくツヨシにおまんじゅうを一つ包んで

「内緒ね」と言ってくれる場面。

ほしそうな顔をしていたといっても子どものこと。

何気なくくれるままにもらってしまいます。

笠智衆のおじいちゃんが、

「おまえは乞食じゃないんだぞ」と言って、お金を差し出し、ツヨシに持って行かせます。

たかがおまんじゅう一つだし、もらっちゃったんだから、

まあいっか・・というところでもあるけど、

そこの一線を絶対守るところが、いいかげんなわたしなどには、

昔気質というか田舎気質というかそういう感じもしましたけど、

見ていて気持ちいいもんでした。

そして、そのあとのなにげない数秒の流れに

いたく、いたく、感動しました。

今思い出しても涙が溢れ出てしまうくらいです。

日本映画の感動はこういうなにげない場面にあるんだと思います。

その数秒間は無言です。

せりふなんかありません。

ただ、子どものツヨシが、おじいちゃんからお金を受け取って、

茶店のおねえさんにお金を渡し、お釣りをもらってまた、おじいちゃんに渡すのです。

小走りに走っています。

おじいちゃんに「乞食じゃないんだぞ」と言われたといっても、

その諭し方はそんなに厳しい口調でもなく、

またツヨシがその意味をわかっていたかどうかもさだかではありません。

でも、ツヨシの顔は涙で濡れていたようにも見えました。

そうして、お釣りを渡すと、おじいちゃんはツヨシの手をとって

二人は連れ立って背中を見せて歩いていく・・・という場面です。

そのあたりまえさ。

静かさ。

人生の一断片を表しています。

悲しみに見舞われている家族。

最晩年に、それまで過ごした九州の島を離れて

北海道に渡らなければならない境遇になって、

その運命を黙って受け入れる老人の後ろ姿。

夕方、泊まっている旅館に戻り、民子さんに

「少しは眠れたか」と声をかける老人。

気持ちを伝えるのに言葉は少なくていいんだと、つくづく思う。

池波正太郎の上の言葉は

フランス映画のことを書いた中に出てくる。

池波さんが若い頃のフランス映画が表現した

フランス人とフランスの生活は日本のそれによく似ている、という文脈の中に。

本当の人間の姿や気持ちはどこの国でもおんなじなのだろう。

映画っていいな、と

こういうとき思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 4日 (水)

春の喜びをインテリアの色を変えて大きくしたい

4月になって、やっぱり暖かくなってきたし、
なんといっても日射しがまぶしいです。

外に出ると、ついこのあいだまでは
防寒のための帽子をかぶっていたけれど、
もう、日除けのための帽子が必要だと感じるほどです。

お部屋の中に入る光も明るく力強くなりました。

急にお部屋のインテリアを変えるわけにはいかないけれど、
ちっちゃなことで
「あ、4月だな」
という気分を作ることはできます。

掛ける絵を春らしいものに替える。

テーブルクロスの色を変える。

スリッパを明るい色のに変える。

キッチンのミトンやフキンや手拭きタオルの色を変える。

バスタオルの色を思いっきり春らしいのにする。

ブルーやグリーンで爽やかにしてみたい気がします。

おとなになると4月だからといって、そう変化があるわけじゃないけど、
やっぱり春は心がウキウキする。

だから自分でもっとその気持ちを大きくて愉快に過ごしたいです。

たとえばこんなサイトを見ると、↓

買う予定がないのに無意識に選んでいたりする自分・・

それも季節の変わり目の醍醐味?!です。

パリ発 大人可愛いインテリア雑貨 ミニラボ icon icon icon

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

2012年4月 3日 (火)

生産者の顔が見えるモノにお金を払いたい お花も

このごろ年をとってきたせいか、
物を買うときの選び方が前と変わってきたような気がします。

同じような物を買うなら、
作った人が、どういう人なのかわかる物に
お金を払いたいな~と思うのです。

そういう観点で見たとき、「いいな」と思う物を多く扱っている
スタイルストアさんで、母の日ギフトのお花が紹介されているので、

ほかの人にも伝えたいと思います。

全国の生産地を直接訪れた上で

農園と契約しているフラワーギフトの会社の商品です。

ミリオンベルやフェアリーテールなどの

ちっちゃなお花がたくさん咲くタイプのお花が

いろいろ並んでいます。

鉢花で、次々に愛らしいお花が咲いてきます。

わたしはフェアリーテールを家に飾っています。

P1050225a icon

うちに来てからひと月くらいたちますが、

暖かくなって葉っぱが増えて、いっそう元気です。

このお花は母の日ギフトとしておすすめの商品です。

かわいらしいお花が好きで、

花がらを摘んでやることも楽しめるお母さんに最適かな、と思います。

鉢が豪華なので、

ただ置くだけでも雰囲気作りにひと役かう存在になると思います。

↓ミリオンベル

icon icon

↓ウェルカムローズ
icon icon

つくり手の顔が見える商品を紹介しているところがおすすめです。

All About スタイルストア「母の日特集」

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

サトちゃんとサトコちゃんに手づくり帽子とお洋服が

神保町を古本を求めてフラフラと歩いていると・・

薬局にサトちゃん・サトコちゃんが、いつものように並んでいました。

でも、その帽子が手づくりで!

P1050533a

サイズも二人(二匹)に合うように
ちゃんと合わせて作ってあるんですよ!
二人(二匹・・・しつこい?)の顔が
普通よりニコニコしてる気がしました~heart02

そうして前にまわって見てみると、お洋服も着ていました。

心のこもったものを着せてもらって、
なんだか見てるほうもうれしくなりました。
文房堂さんのお隣の薬局での光景です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ