« 「すぐれた映画は決して嘘をつかない・・」 | トップページ | 作った人の心を一緒に売っているお店 今月のプレゼントなど »

2012年4月 5日 (木)

無人島に流れついちゃっても1年くらいは飽きずにいられる本

何度読んでも飽きないし、読むたびに心に響く本があれば

無人島に行っても

1年くらいは平気でいられるんじゃないかな、と思う。

Honya Club.comさんで、
無人島に持って行きたいおすすめ本のレビューを募集しているので
わたしも一冊考えました。

まずはなんといっても

兼好法師 『徒然草』 ですね!

『徒然草』には、何百冊もの本の内容に匹敵する

エッセンスがつまっているから

1冊選ぶならこれかな、と思う。

二百段を超える短いお話が並んでいるので、

どこからでも読み始められるのもよい。

書かれた時代は古くても、ほとんどの話が現代人にも共通のことだから、

思っているほど内容は難しくないし、

納得したり共感したり学んだりしながら読み進められるのです。

読後感爽やか。

なぜなら、自分を洗われるから。

坂本龍馬は日本を洗濯したいと書きましたが、

この本をとおして、自分自身というものを洗濯する感じがあります。


例えば、日常にあきあきしたとき

「どこでもいいからわが家を離れて他所にお泊まりしてみると、

目がさめたように感じてリフレッシュできる」

っていうことが書いてある。


また、新入社員や新入生などが多くいる今の時期、

新しいゆえに知らないことがたくさんあるのを、

知らないと言っていじめる古株の人がいたりする。

そんなとき、新人が

どのように考えて乗り越えればよいかが書いてある。


あるいは、こんな段も。

上等のものを持っているのに、汚しては困るといって、

みっともないカバーなどをつけて使っているのは、

その物ではなく、その所有者の品位や趣味を低くすることになる、

ということが書いてある。


またこんな場面は今でもあちこちで見かける。

自分のことを次から次へとしゃべりちらしたり、

他人のことを噂したりする人がいる。

それももちろん聞き苦しいが、

それを聞いて大げさに笑ったり同調したりするのも

ひどく見苦しい。

人品は自分で吹聴しなくても、

自ずから見る人にわかるものだということが書いてある。


すでに知っている人も多いであろう家作りの極意。

日本では、家を新築するとき、

夏に快適なようにつくるのが住みよい家を作るのに

賢いやり方だということも書いてある。


鎌倉時代にあった逸話で

現代でもそこここで展開されている人間ドラマと

おんなじ情景が満載の本だから、毎日読んでも飽きない。

しかも、格調高い文体が

知らず知らずのうちに暗誦できたら、

無人島から無事日本に戻れた時に

教養高い文化人になっているでしょう。(笑)

でも、無人島に行くのは不慮のことで流れ着くときだから、

あらかじめこの本を用意しておくわけにはいかないでしょうね。

いつ無人島に流されてもいいように、

かばんに良書を入れておくことが必要なんですね。


Honya Club.comで良書を探してかばんに入れよう・・ 提携書店での受け取り無料!

Honya Club.com リンクシェア レビュー・アフィリエイト

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

« 「すぐれた映画は決して嘘をつかない・・」 | トップページ | 作った人の心を一緒に売っているお店 今月のプレゼントなど »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは(*^-^*)

先日は、ご訪問&コメントありがとうございました
(新品種の見元ビオラ「つぶらなタヌキ」)。

「徒然草」、恥ずかしながらまだ読んだことがないので、
読んでみたいと思います(*v_v)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/54396216

この記事へのトラックバック一覧です: 無人島に流れついちゃっても1年くらいは飽きずにいられる本:

« 「すぐれた映画は決して嘘をつかない・・」 | トップページ | 作った人の心を一緒に売っているお店 今月のプレゼントなど »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ