« JR山手線などの「ドアが閉まります」と狼少年 | トップページ | レモン水ゴクゴクの9月 »

2012年9月16日 (日)

すぐれものふきんを求めて

ふきんでスグレモノはないかと、
漂流を続けていました。

いろんなふきんを使ってみると、
良いところもあるけど欠点もある・・
っていうのが、ほとんど結論というふうに
思います。

あるふきんは、
模様がきれいだけど、水分を吸い取るとまもなく、においがどうも気になる。

あるふきんは、水分の吸い取りがいまひとつ。

あるふきんは、
厚手で吸い取りはいいけど、乾きがわるいので、すぐにしっとりとぬれてしまう。

・・・とか、
それはもう仕方がないと思っていました。

そのうえで、
いろんなふきんを使いつつ、
それぞれの良いところを楽しめばいいか、
という感じに落ち着いていたような。

そんなとき、デザイントラベルさんのスペースで買った
奈良の「白雪ふきん」。

d design travel

「白雪ふきん」の名前は聞き知っていたんですが、
買う機会はありませんでした。

初めて使ってみました。
けっこういいかも!sun

20120912_001
デザイントラベルマークがつけられていました。↓(ぼやけててすみません)(;ω;)
20120912_002
いい点は、

1、まず水分をよく吸い取る・・・ふきんの必須条件ですよね。
  パッケージにも書いてあるとおり、
  8枚重ねとのことで、そのせいか、
  拭いていて、適度なしっかり感があり、たよりがいがある感じ。

2、で、8枚重ねなんだけど、ふきん掛けに掛けておくと乾くのが早い。
だから、次に拭くときには再び乾いた状態に戻っていてくれる。

20120914_006

20120914_007
20120912_005
3、サイズが大きすぎず小さすぎず、使いやすい。約30センチ×35センチ。
  お皿やお茶碗にも、手にも、ちょうど合う大きさ。

これがわたしが数日使ってみての ベスト3ですが、

なんとなくいいな、と思う気持ちを
後押しする要素がいくつかありまして、

蚊帳生地を使っているということ・・・
奈良の蚊帳は古来、繊維としての信頼感とか
日本人としての郷愁感があります。
わたしは手触りからして、てっきり麻かと思っていたら、
綿とレーヨンで、レーヨンは木から作られる繊維なんだそうです。

もともとは、蚊帳生地を裁断して出たハギレを縫って
自家用にしていたのが
商品誕生のきっかけだとは。
世の中そんなものだ~

一度洗ってから使いますが、洗う前はこんな感じに硬い。

20120912_003
20120912_004
東大寺の大仏様のお身拭いに選ばれたふきんだそうで、
なるほど、知る人ぞ知るものなのかもしれません。

それから、良い点で見逃せないのがお値段。
2枚はいっていて470円ほどですから、
リーズナブルと言えます。

どんどん使って、汚れてきたら台ふきんにし、
雑巾に使いまわして、というふうになりそうです。
高森寛子『美しい日本の道具たち』でも紹介されたようです。

気に入る台所道具に出会うのは、うれしいものですね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

【奈良みやげ】 白雪ふきん 2枚入り

価格:473円
(2012/9/16 00:30時点)
感想(37件)

« JR山手線などの「ドアが閉まります」と狼少年 | トップページ | レモン水ゴクゴクの9月 »

おすすめの道具」カテゴリの記事

心にうつりゆくこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/55667839

この記事へのトラックバック一覧です: すぐれものふきんを求めて:

« JR山手線などの「ドアが閉まります」と狼少年 | トップページ | レモン水ゴクゴクの9月 »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ