« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の記事

2013年3月30日 (土)

ずぼらだから、手軽に使える化粧品じゃないとね

友人にプラセンタパックを
お土産にもらったことをきっかけに

「プラセンタのはいった化粧品で
続けて使えそうなものはないかな~」

と、探した結果、使い始めたこのジェル↓↓

20130329_001

グレースアンドルケレ ホワイトニングリフトケアジェル<医薬部外品>

マッサージクリームのように使って、

拭き取る必要なし、というものです。

マッサージクリームは、ずぼらなわたしには

ちょっと面倒で、続かないのですが(苦笑)、

これは、マッサージができて気持ちいいし、

そのままクリームのようにつけたままでいいので、

手軽です。

冬の乾燥には、マッサージで血行をよくできて

都合がよかったので、使いつづけています。

朝、洗顔したあと、ちょっと顔色いいかも・・

と感じることが多いようです。

もしかすると、いいかもしれません。shine

効能を読み返してみたら、
できてしまったシミを排出する効果も
あったのです。
できてしまったシミって、濃くなる一方のようで
あきらめがちですけど、
せめて現状でとどめたい!と思います。
そういえばあまりひどく目立たない状態で
とどまっているようです。

ロッテスタイルさんのポイントを使って、
次回も買って続けてみようか、と
感じたので、書いてみました。

グレースアンドルケレ ホワイトニングリフトケアジェル<医薬部外品>

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月27日 (水)

東京駅 春 雨模様 文房具

東京ステーションギャラリーで開催されている
木村荘八展を見に行きました。

Kimurashohachi__1

じっくりと2時間ほど見てまわりました。
展示から出たところにある休憩室が、
静かで、さりげなく椅子が置かれた
質素な場所で、
わたしには快適でした。

丸の内口が見える場所でほっとひと息。
自販機のりんごジュースなんか飲んで、
展示を振り返るひとときが、和みました。

130327_150701

そのあと、文房具を見物しようと
大丸の東急ハンズへ。

見物はともかくとして、
ちょっとノートを買おうかな・・
なんて思うと、
レジが長蛇の列。 (@_@。

やっぱり年度の変わり目って、
文房具を求めようという気持ちになる人が
多いのでしょうか。

で、買うのを中止して、外に出て、
oazoの丸善へ。

同じような品揃えのコーナーがあって
レジは混んでいませんでした~ 
やった!v(=^0^=)

それにしても、本屋さん、文房具屋さん、
という場所に行くと
目も足もヘトヘトのクタクタになるまで
見物をし尽くしちゃうのがわたしの一種のくせです。

きょうは買ったのは、結局
付箋とボールペンとノート ひとつずつ。(苦笑)

でも、楽しい休日でした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月25日 (月)

ワークスペースにデザインを!

最近、文房具への興味が再燃しているところへ、

MoMA storeさんのこんな商品たちをみつけ、

かなり動揺しています。

ワークスペースにデザイン感を導入すると、

書くものの構想も洗練されるというもの。

NEW YORKER の英語には歯が立たないけど、

メモパッドくらい使ってもいいですよね。

このロゴはいつ見てもすてきです。

icon

前後左右にオーガナイズできて

ペンだけでなく道具を立てられる箱icon

icon

傾斜がついて本が倒れないブックスタンド。

鮮やかな色。icon

icon icon

べつに芸術家でなくっても、

机まわりにお気に入りの文房具を置きたい。

生活に追われながらも

暮らしを楽しく! 

と、思うから。

動物いっぱいの、これ消しゴムです。

icon icon

どれも実用品だから、
同じ機能のものを買うなら
デザイン性のあるもの、
机周りを明るく楽しくしてくれるものがいい。

MoMAストアさんの商品って、
みるだけでもけっこう楽しめます。

今はワークスペース分野を眺めていますが、
リビング  ダイニングも
つぎに見たいと思っています。

終わらなくなっちゃって目が疲れるのが悩みです。coldsweats01

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月24日 (日)

アンティークメモ帳 フランス製

東京駅大丸のアンティーク市で
アンティークメモ帳を買いました~

こんなふうに鉛筆がついていて、
鉛筆を外すと開くようになっています。

この、菊としか思えない花が裏表紙側。

20130304_016
おもて表紙側がこの花。

20130324_004
20130324_006
鉛筆は、ねじると芯が出てくるタイプで、
芯がちゃんとはいっています。

20130324_005
20130324_007
ほかのものには
財布のひもがヒジョーーに固いわたしなのですが
古い物には弱すぎなんです・・・

じんわりと欲しさがこみあげてきて、
買わずにいられなくなり・・・
買いました。

フランス製。
舞踏会で、
踊った曲や相手を書き込むのに使ったものだそうです。

このごろ私の中で、
文房具熱が高まっていたところでもあり、
シルバーの鈍い輝き、
この小ささ、
実用性。
どれをとっても欲しくなる要素ばかり。

というわけで、古い物がまたひとつ、うちに増えました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月20日 (水)

新しいコンビニができたらすぐに行くか?

今まであったコンビニのそばに
もう一つ違う系統のコンビニが増えるのを
最近、何か所かで目にします。

そういう場合、人はすぐに新しいほうに行ってみるものかな?

コンビニだから、中の様子や品揃えは
だいたいわかっている。
だから、試しに行ってみる、というよりは、
セブンイレブンのオリジナル商品で好きなのがある とか、
PONTAカードを持ってる とか、
理由はそんなかんじかもしれない。

コンビニでもこのごろは、
店員の人と顔なじみになってたり、
っていう場合もあるみたいだ。

顔なじみとまではいかなくても
なんとなく自分の中で、
これまで行っていたほうのコンビニの人に
悪いような気がして、
新しいほうにいくのに罪悪感があったりする。
へんなの! 
と思いつつも。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月17日 (日)

TO DO リストをもう一歩効果的なものにするために

TO DO リストを作っている人は多いけど、
時計にあてはめて作っている人は
それより少ないと思います。

何日か前に書いた『文具術』で、
TO DO リスト用付箋やメモ帳が載っていましたが、
時計式が土橋正『魔法の文房具』で紹介されていました。

これは良いと思ってさっそく実行してみて
一週間ほど。
やってみた実感を書きたいと思います。

小学生のころ、夏休みなどに
一日の予定を決めることがありました。
けれども、たいてい守れなかった・・
その経験があるから、
時計式の予定を組んでも、どうせムダでは?
とおぼろげに思っていました。

でも、あのときの「一日の予定」と、
今言うTO DO リストの時計方式は、
見た目は同じでも、まったく違うものでした。

TO DO リストの時計方式は、
毎日違う内容であって、
あてはめていく内容は、一つひとつ具体的で、
作業を伴っていて、消化していくものだからです。

実際の手順ですが、
TO DO リストそのものを作ることと、
時計にあてはめることは、分けてやったほうがいいです。
いっしょにやってしまってもよさそうですが、
そうすると、詰め込みすぎたり、手ごころを加えたり、
自分として 「つまらない」 予定表ができてしまうのです。

それよりも、
まず、TO DO リストは項目を書き出すことだけに絞って、
その結果集まった項目を、改めて時計に入れていく方が、
作業としても出来上がった表としても、おもしろいです。

たった今自分で作ったリストなんですが、
時計に入れていくという作業が、
パズルのようで楽しくできるのは、
不思議なようですが実感です。
人間って、そんなものかもしれません。

この方法だと、
「きょうできるのはこれだけ」と、
はっきりさせることができるため、
精神衛生上もすっきりします。

「あれもやらなきゃ。これもやってしまいたい。」→
「あれもこれもできなかった」

という、モヤモヤのまま一日終わるのと

「あれはここまで。これはここまで。あとはあした。」→
「きょうやるべきところまで進んだ。あと残りをあすやれば達成。」

というふうに、自分の中で経過をふむことができて、
なんとなく気が急くばかりで作業が進まず
自己嫌悪に陥るということがなくなります。

『魔法の文房具』の著者は
付箋に書き込んでやっているそうです。

わたしは、スタンプがいいかな~
と思って探したら、使用目的はさまざまなようですが
やはりいろいろ売っていました。

どれかに決めて買うつもりですー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月 9日 (土)

パソコンと手書きの境い目を作りたい

机の抽斗を片付けました。
筆記用具がゴチャ~~っと
山ほどはいっていた抽斗です・・

山ほどはいっていたんですけど、
それがあたりまえになっちゃってて
「山ほど」だとも感じなくなっていました。

ノベルティの3色ボールペンで青だけ出ないもの、とかも
いっぱい混じっていて。
折れやすいシャープペンの芯も
「折れちゃった、やだな」で
取り替えては使ってた
という日常。

自然、書くことが雑になって
書きたい気持ちも薄れ・・

「文具術」という保存版雑誌を見て刺激を受けて

この状態を立て直したい
と思いまして、整理しました。

狭い抽斗にこんなに筆記用具がひしめいていました。

20130309_001
いつも使うものだけ残してこんなです。

20130309_002
もともとは手書きが好きだったはずなのに、
最近、パソコンと手書きの境界を
自分でも作りかねていたのを感じます。

構想段階から、とにかくパソコンを立ち上げちゃう方法は
やはり見直す必要があると思いました。
ペンとノートで考えをまとめてから
パソコンをあける、
っていうやり方をしてみようと思います。

そうして振り返ってみると
自分はもともと手書き好き・文房具好きだったということを
思い起こさせてもらった気がします。

アンティークな雰囲気が好きで
よく買っている「ツバメノート」も、

この雑誌で紹介されていました。

自分が好きで買う文房具を使って

仕事もお手紙も充実した気持ちで

取り組みたいっていう気持ちを改めて持ちました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

雑な「筆記生活」を反省させてくれた本

2013年3月 7日 (木)

「真っ当な食材」、まず削り節から味わう

かつおぶしは、前から好きで
いつも使ってきました。
(日本人なら言うまでもないか・・)

削り節を
築地の場外市場に買いに行くこともあったし、
スーパーで適当に買ってくることもあったし、
いろいろでした。

鰹節削り箱も使っていたんですけど、
鰹節がなくなっちゃってから
買う機会がなく、
ここしばらく削ってない・・think

で、伏高(ふしたか)さんで
かつおぶし・こんぶ・煮干の
【本物】海のだしお試しセット! をやってることがわかり、
注文しました。

「真っ当な食材」 を売りたい、
っていうところや
ウェブサイトでお店の考え方を読んで
共感できそうだったので。

通販で買い物をするときって、
なんとなく、
他とは違うもの
これだから買う
っていう理由のあるもの
を注文するように思います。

20130304_005
モデルとなるだしの取り方が
書いてあったので、
まずはそのとおりに実行。

荒節の削り節
っていうことですが、
なんともいい香り。

20130304_006
1リットルの水に50グラム投入

20130304_007
こしました。

20130304_010
こしたあとの削り節は
もちろん、砂糖・酒・しょうゆで煮ましたけど、
これだけでご飯をおかわりしたいです。
いま思い出しても、また食べたい・・

20130304_014
同封の説明書きの
かつおぶしをはじめとする
だし関係の内容に
いたく感心して、

削り節だけじゃなく、
最近ちまたでは見かけることが減った
「鰹節」そのものも
こちらのお店で買ってみようかと
思っているしだいでございます・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月 2日 (土)

自分の活気を盛り上げるためには

仕事や遊びや趣味で、
いろんな場所へ行き
いろんな人と接したりします。
だれでも。
いろんな本を読みます。

その中で、
自分にとって
良い「気」を感じさせてくれる場合と
そうでない場合があります。

「気」が悪い場所にいると
なんとなく自分が動きがとれなくて
息苦しい感じがします。
仕事もうまく運ばないし
終わったあとも後味が悪かったり。

合わない「気」のところでは
結局、自分として良い成果は得られないことが多い。

だから、できるだけ
良い「気」に囲まれていたいと思う。
そういうことを選ぶのも才能のうちかもしれない、と思う。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2013年3月 1日 (金)

良質な洋服を譲っていただいたのできちんと手入れをするために

知り合いの方のお父さんは、おしゃれな方で、
質の良い洋服をたくさんお持ちだったとのこと。
何年か前にお亡くなりになったのですが、
生前求められたたくさんのお洋服が残っていました。
どれも、趣味の良い、良質なものばかりですが、
息子さんは体のサイズが違い、
なかなか生かせないまま、
クローゼットにしまいこんだままになっていたものが
たくさんあったとのこと。
幸いなことに、うちの夫がサイズが合ったので、
いくつかを譲り受けました。
やはり、質の良い洋服は、
着る人に、人間が少しだけ上等になったように
感じさせてくれるっていうこと、あります。
わたしたちくらいの年齢になったら、
化学繊維の実用的な服ばかりではなく、
ちょっとだけ上等なおしゃれ服を着たいな、
とは、思っていましたけど、
経済的になかなか手を出せないのが現実・・
譲ってくださった方と、お召しになっていたお父さんに
感謝しつつ、ちゃんとお手入れして長く大事に着たいと
思っています。
そこで、洋服ブラシを購入することにしました。

お値段的にはこのへんかな・・

送料はどうかな? っていうのが通販では気になりますよね。

どちらも、ブラシを作っている様子の写真が載っています。

作り手さんの写真に弱いわたし・・

よく考えて決めます。

洋服はブラシをかけると長くきれいに着られると

わかっていても、これまでお手入れについて

熱心でなかったので、

この機会に、丁寧な暮らしを実践することに。

【送料無料】KENT洋服ブラシ白馬毛【SALE】【激安 特価】【RCP】

価格:3,680円
(2013/3/1 21:09時点)

KENT白馬毛洋服ブラシ【KNC-3422】【SS10P03mar13】

価格:4,200円
(2013/3/1 21:11時点)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ