« 半衿クリップ、良いです | トップページ | プラセラ原液を試してみる »

2013年5月 4日 (土)

薄毛になる前にできることをしたくて

薄毛って、自分で鏡を見ただけではわかりにくいですよね。
合わせ鏡をしてみても、はっきりはわからない感じ・・

まあ、いずれにしても

髪の勢いは年をとると衰えていくことはたしか。

気をつけられることはやっておこうかな、
と思っているところに、
長いこと民間薬としては使われていた

馬油(マーユ、バーユ)を使った
アミノ酸シャンプーとトリートメントの広告を見て、
使ってみることにしました。down

20130503_001 ↑いま、トリートメントもう1本がサービスというキャンペーンで、
  トリートメントが2本きましたhappy02

ドラッグストアには無数のシャンプーがカラフルに並んでいて、

サラサラの、美しくなびく髪の写真が踊っています。

でも、世間のみんなは頭皮の潤いを取りすぎでは??
という感じを前から持っていました。

強い洗浄力で頭の油分を「無」にして
リンスなどでいい匂いをつける、っていう図式で
世の中いい匂いでいっぱいだけど、

頭皮がカラカラで、風に吹かれてるのって
長い間にはどうなの?

という懸念を持っていました。

わたしの場合は、長いこと椿油シャンプーを使ってきました。

そして、普段わりと春夏秋冬とも、帽子をかぶります。

帽子は、髪と頭皮の保護に
役立ってると思います。


紫外線からの保護もそうだし、
風で髪がもつれたり頭皮が乾燥したりするのも防げます。

あまり帽子をかぶる人は多くないように感じるけど、
帽子はおすすめだとつねづね思っています。

髪の保護という点からも、また、ファッション的にも・・・

髪の毛には自己修復機能はないんだそうです。

だから、ダメージを受けちゃうと積み重なる一方で、
髪の毛の寿命は2年から6年くらいと言われているので
その間、傷んだままであり続けることになるわけですね。

ナマの頭で日光や風にさらされるのは、
やっぱり避けたほうがいいように思われます。

シャンプーの説明を改めて読んでみて
自分で取り入れたいことや

認識していなかったことがいくつかありました。

1、シャンプー前のブラッシング
  髪がもつれたままシャンプーすると
  頭皮と髪を傷つけてしまうおそれがある。

2、シャワーで髪をぬらしてすすぐ段階で、
  髪の汚れは70%くらい落ちている。

3、シャンプーをつけるときは、直接つけるのではなく
  あらかじめスポンジなどで泡立てて、泡で洗う感じがよい。
  髪の毛よりは地肌を洗うことを意識する。

4、毛の流れに逆らって洗うのが基本。

それから、ずぼらな私がこれまでやりがちだった

髪が濡れたまま寝てしまう、っていうのは

やはりよろしくないようです。

頭皮がいたむし、雑菌も出やすいとのこと・・

そうですよね~やっぱりcrying

というわけで、

さっそく使い始めたシャンプーとトリートメント。>>馬油シャンプー&トリートメント【トリートメント1本プレゼント】

20130503_003

よくわからない写真になってしまいましたが、
シャンプーは、透明。

20130503_006

トリートメントは白いペースト状です。

20130503_009

長いこと、
切り傷、養毛、シミ・ソバカスへの薬として
使われ続けてきた馬油の
侮れない力を、わたしも利用させてもらいます。

馬油シャンプー&トリートメント【トリートメント1本プレゼント】

20130503_012

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

« 半衿クリップ、良いです | トップページ | プラセラ原液を試してみる »

きょうの行動」カテゴリの記事

化粧品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/57306129

この記事へのトラックバック一覧です: 薄毛になる前にできることをしたくて:

« 半衿クリップ、良いです | トップページ | プラセラ原液を試してみる »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ