« 都会ぐらしにちょうどいい、ちっちゃい「畑」 | トップページ | タマの爪とぎお試しコース »

2013年6月29日 (土)

小びとが耕す姿が見えるような、ちっちゃい畑

いなか出身のわたしも、都会暮らしが続くうちに、
「野菜を作るなら畑じゃなくちゃ」という気持ちが
だんだんとうすれてきました。

すまいにお庭がないということだけでなく、
仕事や毎日の生活に園芸の要素がないと、
関心も自然と遠のいてきます。

そんな中でふと、野菜作りの雰囲気だけでも
味わえれば、なごむんじゃないか、という気持ちになります。

tulip花や野菜を育てるのは自分の癒しにもなる

そのとき手招きしてくれる商品が
この「おうち畑」 iconかなー
と思います。

いなか感覚の抜けないわたしには、
はじめは踏み切れない感じがありました。

理由のひとつは値段。coldsweats01
2000円程度という値段は、
安くも高くも感じられる設定です。
「つまりは野菜のたねなわけで、たねだけなら、いなかで買えば
500円以下だろうな~」
と思っちゃうと、むろん高く感じられます。

tulip毎日の暮らしの中に新しい要素を入れるとき

ほかの物でも、店頭で
「自分で作ればこの半分の値段でできるしなー」
なんて思うことがありますが、
じっさいには作らずじまいになることが多いです。(わたしの場合ですがthink

ところが最近は、それって、
その商品との出会いで始まるであろう
新しい暮らしの習慣を、みすみす失うことなのかもしれないなー
ほんの少しのお金をケチるために・・
などと、思うようになりました。
節約生活歴では人後に落ちない身として。

妙に理屈っぽくなりました・・・happy01

ということで、
おうち畑導入しました!

種類がいっぱいある中で、展示会でおすすめだった
ベビーリーフ

箱の後ろを、うちのタマ通行中cat

20130629_001

ふたを開けますと、
タネをまいた日などを書くかわいいカードと、
土にさしておける棒の先に木製クリップがついたもの、
タネの上にかけるのに適量の土、
そして、たねがセットされた布が,
揃ってはいってます。

20130629_002

それらを出すと発泡スチロールのボードがあって、その下が

!!

20130629_003

広々とした畑を想像しながらこの土を眺めると、

小人たちがクワで耕している姿さえ心の中で見ることができます。eye

で、↓こちらが、すでにうねを作って並べられたタネたち・・・

20130629_005

これをどうするんだろう? と思って説明を読んだら、
なんと、この布のうえに土を直接かけちゃえばいいとわかりました。↓

20130629_004

タマにもにおいをかがせてやりました?!

20130629_009

tulip水やりは底から出る水にちょっと気をつけて

そのあとの説明がすごくシンプルで、
あとはお水をやって、芽が出るのを待ちます・・
っていう感じでした。

でも、初心者さんには、その説明は足りないですよね~
と思いました。
だって、このおうち畑を買う人は、
ジョウロだって持っていないのではないでしょうか?
おうちの中でこの小さな畑に水をまくのに適した道具って?
考えるのが楽しいのは事実ですが、
「え?どうしたらいいの~?」
と困る人も少なからずいるんじゃないでしょうか。

わたしはジョウロは持っていますが、
この「畑」にまくには大きすぎます。

で、きのうのお昼に買ったミルクティーのペットボトルを
使いました。

MサイズとSサイズがあって、
わたしのはSサイズですが、
Mサイズなら持っている普通サイズのじょうろでも
だいじょうぶかもしれません。

20130629_012

水を注いだ直後は、まだしみこまず、
容器を傾けると、
こんなふうに表面で水が土とともに流れていきます。

20130629_014

やがてしみこみますので、そうしたらこんどは
底の穴から出てくる水に注意。

20130629_017

テーブルの上などでタネまきした場合は、
ちょっと注意が必要ですね。

山越え谷越え・・・
とは正反対に、
とっても気軽に、種蒔き完了。
芽がでるといいなー。

20130629_018

tulipセッティングできたら芽が出て伸びるのを楽しみに

わたしは朝夕、小人たちを激励しそうです。

置き場は明るい窓辺かな~。

この写真ではまだ置いてないですが、
最初にとったフタを底に敷くようにできていました。

実ははずして作業しているあいだに
タマにちょっと爪とぎされちゃったんですけど、
まあ用途には問題なさそうで、よかったです・・coldsweats01

このおうち畑の容器は発泡スチロールですが、
たとえばこれが、プラスチックだったら? とか思いませんか?
価格的にもそれは可能かもしれません。
でも、もしプラスチックで、洗ってまた使うということになると
このおうち畑の
畑たるゆえんがなくなるように思いました。

1回収穫が終わったら
新しい畑にするのが気分一新で楽しいのですし、
また、都会のキッチンは
容器を洗って土を入れ直して・・
っていう作業には向いてないわけですよね。
だからやっぱり、容器は発泡スチロールに
元気カラーが塗ってあるというほうが
現実的だと思います。

 

花くらす*野菜くらす

icon icon

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

« 都会ぐらしにちょうどいい、ちっちゃい「畑」 | トップページ | タマの爪とぎお試しコース »

きょうの行動」カテゴリの記事

レビュー」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/574296/57687110

この記事へのトラックバック一覧です: 小びとが耕す姿が見えるような、ちっちゃい畑:

« 都会ぐらしにちょうどいい、ちっちゃい「畑」 | トップページ | タマの爪とぎお試しコース »

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ