« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の記事

2016年8月14日 (日)

心を洗われる絵とおはなし

童画の国から
という企画が、目黒区美術館で開かれているので
見に行きました。
東京はやや人が少なくなっているこの時期、
落ち着いたふんいきの中で館内を巡ることができました。

20160814_140405

武井武雄、初山滋という人の作品が多く展示されていました。

昭和のはじめ、戦前から描いている人たちだったようです。
こういう絵を見て当時の子どもたちは育っていったんですねー。

戦後もすぐにかわいらしい絵つきの本が出されていて、
物のない中で、おとなたちが
子どもたちにこういう本を与えたいと思って
作られ売られていたんだと、
感慨深かったです。

イソップやアンデルセン、宮沢賢治のお話に絵をつけたものも
とても味わい深くて美しいものです。

たくさんの人や動物が描きこまれている絵などは、
一人ひとり、一匹いっぴきを、
どんなかっこうをしているか、どんな表情をしているか、
目で追いたくなるので、
かなり時間をかけて見てしまいました・・

こんな本を見て子どもたちは育ってきたんですね、
自分を含めてとはいえ、
子ども時代の時間の流れがゆっくりなのが
わかる気もしました。

いいもんですね、童画って。

20160814_140414_2

で、古物好きのほうの目では、
これらの絵が載った「コドモノクニ」その他の
古い本や雑誌で「個人蔵」っていうものが
多数展示されていたことにも
「ふーーん」と感じたりしました。
集めている人なのでしょうね。
大切にとってあった人、っていうのは
この場合考えにくいかなー。
大正時代の本には、名前の書いてある物もあって
これまたしきりに感動してしまいました。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへにほんブログ村

2016年8月12日 (金)

ラベルがレトロだと買いたくなる

「りんごスライスジャム」
Img_0541

青森県南津軽郡の製品。
「青森りんご加工」っていう会社名も
「そのもの」っていう印象ですかね。
もともとは缶にはいっていたのを、
このようにビンに入れ替えて保存しています。

このラベルを見たら、
レトロ好きなら
買わずにはいられない!

りんご産地の製品だけあって、
りんごで勝負してます。
りんごがいっぱい。
りんごがいっぱいなんです。

ジャムってまあ、たいてい甘~くできてて
それがまあ、ジャムの特徴でもありますね。
でも、わたしの場合は、
パンに塗って食べるとなると、
「甘いのはどうもね~・・」
というほうなのです。

このりんごスライスジャムは
りんごが多くて、甘さは少ないのでいいです。
きょうなんか、10時半ごろ、
これから出かけるので何かお腹に入れていこうかな、
飲み物だけにしようか、それとも・・
と、思ったとき、
このりんごスライスジャムをひとさじ
なめて行きました。
そのくらい、りんごっぽいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年8月11日 (木)

冷蔵庫はスイカ王国

おっきなスイカをもらいました。
まるごと冷蔵庫に入れるのは
とてもじゃないが無理なのですが、
入れてみました。
記念撮影・・・
ほかのものみんな出して、仕切り板を外し、
ポケットもカラにしてとりはずし、
やっと撮れました。
Img_0536

おいしいスイカでしたheart01
Img_0540

ネコも満足・・・
Img_0535

夏ですね~~wave

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ