カテゴリー「心にうつりゆくこと」の132件の記事

2017年2月13日 (月)

本の縁日に行った回想~はや3か月

本の縁日に行ったことを、ふと思い出し、
写真も撮っていたので、載せておくことにしました。

Img_0637

11月、千駄木の養源寺でした。

>>しのばずくんの本の縁日

Img_0636

Img_0635

Img_0633

Img_0634

その足で谷中あたりなんかをちょこっと歩いて来たのでした。

猫本と、演芸本、購入しました。

縁日のお店の人たちが、とてもフレンドリーで、良い雰囲気でした!

2017年2月 3日 (金)

暮らしの中のちっちゃいことに生きる喜びが宿っている

毎日の暮らしの中で、
「こんなつまらんことで時間を使ってないで
早く本筋のことをしなきゃ!!」
・・と、あせっていることがよくある(あった)。

じゃあ、自分にとって、暮らしの目的と手段って、
なんだっけ?

って思う。

30代ごろ、仕事であわただしく暮らしていたころは、
目的とは仕事だった気もする。
家でも仕事をしていた、というか、四六時中
頭から離れない状態だった。
だから、仕事以外のことには
なるべく時間をさかずに早く終わらせたい。
それが習い性になって、ずっとそういう考え方をするように
なっているのかもしれない・・

無意識に自分を慌ただしくしている。
もっとじっくり、物事を見たり聞いたりしたりしよう。

目の前にあるものも、
ほんとうには見ていないような、そんな人になっているんじゃないか。
子どものころは、そうではなかったと思う。

木の枝が揺れているのや
風の音や
きのうと違う空気の匂いを、
もっと感じていたと思う。

大人になって、言葉ではなんだかんだとゴタクを並べていても、
ほんとに静かな心でまわりのものを感じてはいない、
そんな気がする。

きょうから、生きてるかぎり、
まわりのものごとに
目的と関係ない、手段でしかない、という心で
接しないようにしよう。

暮らしの中のちっちゃいことに
生きる喜びが宿っている。

Img_0862

↑ Eテレの「0655」、おもしろいですよcat

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2017年1月31日 (火)

物の値段に納得するとき・しないとき

物の値段は、よくできてるなー、と納得します、たいてい。

けどたまに、物の値段っていったいなんだ? 
と納得できなくなります。

こういう値段のつけ方で世の中ができていたら、
人間だめになるよな~、とか。

本の値段と、モノの値段の違いに直面したときです。
いやわかってます。
そういう思考回路じたい無駄だって。
ブックオフさん、いつもちょうほうさせてもらってます。
買い取りの基準もだいたいわかってます。
状態をひと目見て、すでに0円、って決まっちゃうのね。
細かい基準までは知らないからよけいに感慨をいだいちゃうのね。coldsweats01

100均のモノと古本を、
金額という同じ土俵に載せて考えても無駄、
ってわかっているけど、やっぱり
「へーー、これも0円なのかーー」なんて、
数分間ほど引きずってしまう中年女性なのでした。think

来週、廃品回収に出します。はい。happy01

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2017年1月 3日 (火)

ちょっとケチって暮らしをつまらなくするよりは

ケチるケチらないの差は、ほんのちょっとなのです。
ちょっとケチったために、暮らしをつまらなくすることがある。
それでは元も子もないですにゃcat

そんなことを思ったのは、火鉢の炭のことから。
ちっちゃい中にもちっちゃいお話で恐縮です。coldsweats01
Img_0728_2

火鉢の炭は火おこしでおこして使います。
Img_0727

炭をちょっとケチって、チビた炭をまた使おうとすると
つきも悪く、もちも悪く、
新しい炭とのバランスも悪く火鉢の中にかすをためてしまいやすい・・
だから、なんとなくいろんなことが億劫になって、
火鉢を使うこと自体がめんどくさくなってしまう
という悪循環を招いてしまうのです~think
せっかく火鉢を暮らしにとりいれたのに、
そういうことから使わなくなるって、残念すぎる。

一度使ってチビた炭は火消し壺から出したら思い切って捨て、
新しい炭を揃って使ったほうが、さっぱりして良いようです。
Img_0794

そして買うときは、ある程度良い炭を!
バーベキュー用のものなどは、安くてたくさんはいっているけど
家の中で少量ずつ使う火鉢にはむきません。
パチパチはねてしまうものがあるし
火おこしでおこすときに、火がつきにくいのですー。
Img_0793

「もったいない」の精神は、程度を考えて使い分けることが
大事だにゃ~、と思います。cat

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

2016年12月30日 (金)

好きなことをする時間を増やす工夫をしよう

自分として幸せだと感じることのできる生活をしたい。
年をとってくると、自分の人生こんなもの、なんて思いがち。
たしかに可能性無限大だった頃と比べると、
年齢であきらめざるを得ないことは増える。
けど、これまで遭遇したことの中で
やってると楽しいこと、っていうのがある場合、
それをやってる時間を増やすことで
幸せを増幅させることができる。
例えばわたしの場合は、楽器練習・・・happy01
生活パターンなどを見直すことで
練習時間を増やすことはできないか?
模索してみる価値がある。
優先順位を入れ替えたり。
2017年、ちょっとそのへん、変えてみようかな~~
練習して上達したいなー!!

きょうは写真がないから、
話題と関係薄いけど、こんな写真を。
Img_0778
歩いて15分くらいのところにあるパン屋さんに、
久しぶりに行ってみると
店の外観やショーケースの配置が変わっていました。
で、行くと必ず買うお気に入りのクリームチーズペストリー購入。
一時クリームなどがたくさん塗られて値上げになっていたのが、
そういう装飾がなくなって値段がもとに戻っていた!
うれしい変化です。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年12月29日 (木)

憂鬱には足を使って

気分落ち込みには賑やかなところへ行くのが効く、と
黒柳徹子さんが言っていました。
賛成です。
どっかへ出かけて何か見たり聞いたりすると、
気分が別の方向へ行って
いつの間にか、
自分の視野が狭かったことを感じるようになります。

っていうわけで、わたくしも、
いつもと違う場所をなんとなく歩きました。
Img_0761
鳥たちが泳いでいるのをぼんやり眺めたり。
いいな、鳥たちは。
すでに歳末も押し詰まっている・・
来年の目標を立てなきゃ!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年12月21日 (水)

手帳といっしょにペンも買って気分盛り上げ

新しい手帳を買うとき
いっしょに使うペンも新調して
気分を盛り上げるのも楽しいですね。

来年は、赤で、さいきん沈みがちな気分を盛り上げます!!upwardrightsmile

Img_0755

替芯も買ったぞ。happy02
Img_0754

いくつになっても、いや、年をとってきたらなおのこと
自分で自分の気持ちを鼓舞しないとね。delicious

手帳と日記の使い分けは人によってさまざまですね。
日々の気づきをこの手帳の後ろのほうの
方眼ページに書いていこうかな、と思います。

わたしは、日記は新潮文庫のマイブックを使っています。

Img_0766

つい 「きょうはいいや」 というふうになっちゃう人におすすめです。

1日過ごしてなにかしらやったり思ったりしたことがあるはずなのに
なにもなかったことにしてしまいがちなあなた(わたし)、、weep

「どうせ」というネガティブな思考に行きがちな回路を
矯正しつつ日付が書かれたページを開けると
なにかペンを動かせるものです。
むしろ、書きたくなる、というか。

家の中で自分と一緒に持ち歩く袋の中にペンとともに入れております。

報われない、なんて不器用な生き方なんだ、
と思いがちな同志の皆さん(?)
来年も自分なりの記録を地道に少しずつ書いていきましょう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年12月16日 (金)

屋上の木のベンチでひとりを楽しむ

木のベンチが屋上にあって、
ウッドデッキや花壇がきれいに手入れされています。

駅ビル内のお店は、人でいっぱいですが、
屋上でつかの間ホッとできました。

Img_0749

きょうは寒い日ですが、
駅ビル内の人いきれで暑いくらいに感じていると
外の風が気持ちいいです。
これならなにか飲み物でも持ってくればよかった、
と思いました。
日だまりのベンチで、しばし深呼吸したり。

これは横浜ルミネ。
こうしてひと息つくと
年末の慌ただしさも風物詩として良いもの、と感じることができます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年10月 4日 (火)

あるときふと自覚する 自分の性格

自分の性格って自分じゃわからない。
自覚してるつもりでも、
他人から見ると違っていることも多い。
50年も人間をやってきても・・happy01

このごろ少し自覚したことがある。
自分じゃぜったいできないことの一つが
立候補だ。
小さいころからそうだった・・

鼓笛隊のビブラフォンの立候補のときのこと・・
やってみたかった。
でも、どうしても手をあげられなかった・・
たかが鼓笛隊なのに・・

立候補なんていう大げさなことじゃなくても、
なにかの当番なんかを決めるときでさえ、
手をあげることができないんだ。

思い切りが悪いから、
自分から何か行動を起こすってことはできない・・

でも、まわりのだれかが行動を起こして
それを手伝うのはむしろ大好き・・
そうなっちゃうと、全力で補佐してやりたくなる。

そういう人が世の中にいても、
いいよね・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
にほんブログ村

2016年9月26日 (月)

きっとこんな秋の日があった

初秋のある日、ななめの日の光が部屋に差し込む。
部屋には、小さな本だながある。
ささやかな暮らしをいとなむこの部屋の住人が
読んだ本が並ぶ本だな。

その光景を眺めていると、
ああ、こんな秋の日が、
いつの時代にもあったんだろうな、
という、へんな、あたりまえの感情がわいてくる。
昭和50年台にも、
昭和30年台にも、
昭和10年台にも、
大正時代にも、
江戸時代にも、
あったんだろうな。

初秋の静かな日、
ささやかな暮らしがある部屋に、
小さな本だな。

P1080635

それにしても黒い本棚ですね~

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 和の暮らしへ
にほんブログ村

より以前の記事一覧

Author

  • 自分なりにがんばってるけど、な~んかのろくて追い越されてばかり。だから、できないことを受け入れて生きるのがよい、とわかりました・・やっと(^O^)。動物好き、古道具好き。
フォト

ブログ村

  • ブログ村ランキング 同好の方と楽しくお話したくて参加しています
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ

リンク

  • ◎うぶだし協業組合の直営店「好楽古」店主さんが今治弁で語る、店の話、骨董・古道具市の話・・・私のほしいものの写真もいっぱいなんです
  • ◎レシピやレトロやキモノ・・憧れのライフスタイル満載の
無料ブログはココログ